【書評】定年退職後に夢の古本屋をオープンさせた店主の物語

『古本屋の四季』片岡喜彦・著

【書評】『古本屋の四季』/片岡喜彦・著/皓星社/1800円+税
【評者】川本三郎(評論家)

 本好きは誰でも一度は古本屋を開いてみたいと思うもの。しかしそれを実行する人は少ない。

 著者は定年退職後、三〇代の頃の夢を実現させ、神戸市に小さな「古書片岡」を開いた。商いは正直厳しいが、何より本との暮しは楽しくこの五月で十年を迎えた。

 最近多いサブカルチャー系ではなく固い労働運動、社会経済思想の本を並べる。女性客に「むつかしい本ばかりや」と言われても気にしない。労働運動の専従の仕事をしていたからこの分野に強い。開業に当って先輩に「店主の好きな本を取りあつかうことが、客を呼び客に評価されることになる」といういい助言をもらい、それに従った。

 その店主の心意気に惹かれ『共産党宣言』の朗読会を店で開きたいという客も現われる。著者は本好きであると同時に人間好き。客との会話を楽しむ。ある時、彫刻家の佐藤忠良の写真集を手にした客がいた。値が張るので「喜ばれる人の手元に行けば、本も幸せでしょうから安くします」と言うと、その客は諭した。「あなたの(尊敬する経済学者)向坂(逸郎)先生はぶれなかった。一度つけた値に自信を持ちなさい」。いい客だ。

 珍しい収集家もやってくる。絶版になった保育社のカラーブックス。出点数約九百冊のうち未収集は二百冊を切った。こういう客は、店主として大事にしたい。庭師や僧侶もやってくる。時には小学生の子供が来て『フグはなぜ毒で死なないか』を手に取る。思わず親切に声を掛ける。

 高齢化社会になって本を整理する人が増えた。長年の愛書を手放す老人たちの悲喜こもごもが泣かせる。「蔵書一代」という。自分の本は、次の世代にまで持越さず自分で整理しなければならない。本が次第に読まれなくなった時代。売上げゼロの日が年に何日もある。つい店を閉じようかと弱気になると奥さんは言う。「古本屋をやめたら、ボケるから続けたら。費用はなんとかなるよ」。頼もしい。

※週刊ポスト2020年7月31日・8月7日号

ジャンルで探す