進化するふりかけ “麻婆味”や1万円のウニふりかけもある

しびれる辛さがたまらない!『パパッとふりかけ四川麻婆』(はごろもフーズ)

 ご飯を主食とする日本ならではの加工食品「ふりかけ」。自粛期間中は特にお世話になった家庭も多いのでは? 実際、今年3~4月のふりかけ全体の売り上げは、概ね前年よりも上がったという。どんな味でも再現できるのでは!? と思うほど進化するふりかけで、梅雨時の食欲不振を打破しよう。

【写真】1万円の”ウニふりかけ”などユニークふりかけが勢ぞろい!

『パパッとふりかけコーンポタージュ』130円/20g/はごろもフーズ
子供に人気のコーンポタージュを再現。ほんのり甘くてクリーミーな味わいに、つぶつぶコーンも入って本格的。

『すきやきニューパック』110円/40g/丸美屋
まだ再現ふりかけという概念がなかった頃に発売され、いまでも人気のすきやき風味。すきやき特有の甘辛い味が忘れられないリピーターが多いよう。

『パパッとふりかけ四川麻婆』130円/20g/はごろもフーズ
しびれる刺激の花椒と豆板醤が入った本格派。あとからくる辛さが、辛み好きにはたまらない味。

『世界のふりかけ』左上から時計回りにマハラジャ・トムヤムクン・グリーンカレー各220円/16g、チキンカレー220円/24g、焼肉カルビ240円/16g、ベーコンエッグ220円/16g、オリーブ&アンチョビ400円/14g、ホットサルサ220円/16g、中華風搾菜220円/20g、四川風麻婆豆腐220円/16g、イタリアントマト220円/20g ※全て各2パック入り/新橋玉木屋

 すべてしっとりタイプ。ご飯だけでなくパンやパスタにも合う。

『タレふりかけ〈えび天丼味〉』『タレふりかけ〈うな丼味〉』各120円/27g・27.6g/丸美屋
特製の液体たれと具材が別包装になっている新感覚のふりかけ。たれの濃さが満足感を誘う。

◆高級ふりかけ

『口どけ』1万円/30g×2缶/小林食品
30年以上の経験を持つ鰹節専門の加工メーカーが作るふりかけ。極薄0.01mmの鰹節はまさに口に入れた途端にとろける。すべて手作業のなせる技が凝縮している。公式オンラインショップ「思わず舌鼓」より購入可能。

『粉うに竹筒入』1万円/40g/天たつ
日本最古の雲丹商として、200年以上前から汐うに(越前雲丹)を扱う福井「天たつ」が作っているのは、うにのふりかけ。原料は汐うにと塩のみ。少量をご飯にかけただけで、素材の味が口の中に広がる。天たつの公式ホームページより購入可能。取り扱い店舗もここから確認できる。

■撮影/田中麻衣

※女性セブン2020年7月9日号

ジャンルで探す