コロナの夏の高齢者 体温・室温管理、経口補水液の備蓄を

熱中症の前兆として、めまいや頭痛、微熱、足がつるなどの症状がある

 夏を思わせる日差しや蒸し暑さを感じるようになった。新型コロナウイルスの流行はまだ予断を許さず、今年前半、閉じこもりが続いた高齢者には心身機能の低下もささやかれている。そんな中で迎える熱中症シーズンだ。

【表】今夏コロナの基本の熱中症対策一覧表

 老親を見守る家族が知っておくべきこと、この夏の乗り切り方を、高齢者医療、認知症にも詳しい在宅診療医・高瀬義昌さんに聞いた。

◆コロナ禍で高齢者の体はかなり弱っている

「体を守る免疫力は加齢で低下するといわれますが、高齢者の場合、緩やかな曲線で落ちていくわけではないのです。たとえれば、台風の中でサーフィンをしているようなもの。いつも危機に瀕しつつ、乱高下しながらドタバタ落ちる。昨日まで何でもなかったのに、急に落ちて、突然喘息や帯状疱疹が出たりする。高齢者の体調の特徴です」と言う高瀬さん。家族は、高齢者の体調や病気の知識を持っておくことが大切だという。

「コロナ禍で運動量は明らかに減り、食事も量が減ったり同じものばかり食べたりして、栄養バランスが崩れています。この状態は免疫系、自律神経系、内分泌系など、連携して体の機能を調整する働きを滞らせます。若い人はまだ持ちこたえる余力があり、気づきにくいかもしれませんが、高齢者は一気に体調が悪くなり、うつ気味にもなる。

 私の周りにも、目に見える病気の一歩手前、微熱が続いて何となく具合が悪いという人が少なくない。まず高齢者全般がこういった状況にあることを知っておきましょう」

◆熱中症だけじゃない 脱水の脅威を知ろう

 熱中症は高温・高湿度など、暑くて体の熱が放出しにくい環境で、体温が上昇してめまいや頭痛などが起こり、重症化するとけいれんや意識障害、死に至る場合もある。

 キーとなるのは体の水分。血液などの循環をよくし、発汗して体温を下げる。もともと体内の水分量が少ない高齢者は熱中症になりやすく、毎年、熱中症で救急搬送される約半数が65才以上の高齢者。しかも炎天下より室内で多く発症している。

「熱中症のいちばんの要因でもある脱水(体内の水分量の不足)は、高齢者にとっては通年の課題。体内の循環が悪くなることで免疫機能全般が低下する上、脱水が背景にある病気がほかにもたくさんあるからです。

 たとえば血液がドロドロになって血栓ができやすくなり、脳梗塞などの引き金に。また尿量が減って細菌が洗い流されにくくなり尿路感染症や膀胱炎、腎盂腎炎も。これらは高齢者には命取りになる場合もあります」

 

水分補給のためにと水をガブガブ飲むと、逆効果になることもあるという。

「脱水症は単なる水不足ではありません。体内の水分は水と電解質(塩分)でできているので、脱水状態に水だけを補給すると電解質不足がさらに進んで低ナトリウム血症に。この場合やっかいなのは、のどや口の中の乾きを感じにくいこと。本人も周囲も脱水を見落としがちなのです。

 そして電解質不足でよく起こるのがせん妄。突然意味不明なことを叫んだり、幻聴・幻覚で錯乱したりと、かなりインパクトのある症状。

 脳神経細胞の働きが阻害されて起こりますが、認知症と間違われたり介護者を混乱させたりします。高齢者の脱水・熱中症対策には“水と塩分”のセットで備えておく必要があります」

◆“コロナの夏”には脱水予防がマスト!

 高齢者は常に脱水のリスクがあると心得ておきたいところ。脱水兆候のチェックポイントと対策を聞いた。

「いつもより元気がない、言葉数が少ない、落ち着きがない、傾眠傾向などは、家族などが気づきやすいポイント。微熱、便秘、排尿回数や量が少ない、脈が速い、血圧が低い、手足が冷たい、わきが乾いている、舌に亀裂や白い膜、乾きがある場合などは要注意。めまい、頭痛、足がつるなどのときは、救急車を呼ぶかどうかの瀬戸際という場合もあります」

 脱水の兆候があった場合、すばやく解消できるのは経口補水液。水と塩分、吸収をよくする糖分が含まれている。

「普段の食事から水分と塩分を摂り、汗をかいたとき、入浴や就寝の前後などに意識して水分補給ができればよいのですが、高齢者のいる家庭では、経口補水液をストックしておく方が安心です」

 高齢者は若い頃に比べて平熱が低くなる傾向にあるという。微熱は必ずしも37.5℃とは限らないので、日頃から体温を測って本人の平熱を知っておき、プラス0.5~1℃なら注意が必要だ。

「脱水や熱中症は高齢者がかかると命にかかわることもありますが、日常の中で予防することができます。室内はエアコンや扇風機をしっかり使って28℃以下に。体温、血圧、脈拍などを毎日チェックして、脱水の兆候を見逃さない。外出時には経口補水液を携帯するなど、基本的な対策に加えて、体に備わった免疫力を落とさないようにすることが大切です。

 それにはきちんと食事を摂ること、室内での体操などでできるだけ体を動かすこと。ほどよく汗をかいて暑さに体を慣らすことも重要な予防法なので、3密を避けながら“近隣をひと回り”の散歩もおすすめです」

 今年はコロナの影響で医療機関が混乱状態で、受診しづらい状況でもある。体の不調や不安があれば、かかりつけ医などに電話で相談を。

イラスト/鈴木みゆき

※女性セブン2020年6月25日号

ジャンルで探す