関東の絶品「ご飯のおとも」 ジャン辛もつ煮、錦松梅など

茨城の「そぼろ納豆」

 炊き立ての新米と相性抜群の“ご飯のおとも”。ついつい、おかわりしたくなる関東のご当地絶品おかずを紹介しよう。(価格は取材時点)

【茨城】
「そぼろ納豆」(笹沼五郎商店)/650円(300g)

 納豆に塩漬けした切り干し大根を混ぜ合わせる「そぼろ納豆」は、水戸地方の伝統的な保存食。明治22(1889)年創業の老舗の商品は醤油や鰹節などで独自の風味に仕上げており、後を引く美味しさ。ご飯と一緒にワシワシかき込みたい。

・笹沼五郎商店/茨城県水戸市三の丸3-4-30

【栃木】
「ご飯にかける岩下の新生姜」(岩下食品)/648円 (110g)

 同社の代表商品であるショウガの酢漬『岩下の新生姜』をご飯にかけて楽しめるよう開発。粗みじん切りにした『岩下の新生姜』はオリーブオイル、バジル、黒コショウの風味と相性抜群でクセになる美味しさ。常備したくなる一品。

・岩下食品/栃木県栃木市沼和田町23-5

【群馬】
「ジャン辛もつ煮1人前(バラ)」(チカラ印)/540円(240g)

 数種の香辛料や香味野菜、味噌を加えた特製ソースは濃厚でコクがあり、鮮度のよい国産豚の白もつ、群馬県産のこんにゃくと絡んで美味。もつはプリプリの食感で食べ応え抜群。ニンニクも利いた旨辛風味はご飯にもぴったり。

・チカラ印/群馬県前橋市東片貝町433-3

【埼玉】
「秩父おなめ」(新井武平商店)/432円(400g)

 古くから麦と大豆の産地である秩父地方の農家で造られていた舐め味噌、通称「おなめ」の風味を手軽に味わえる。大麦と大豆で造る味噌に刻んだナスやショウガが入り、濃厚な旨味についつい箸まで舐めたくなる。

・新井武平商店/埼玉県秩父郡皆野町皆野1120-2

【千葉】
「ぶっかけ海苔めし」(守屋)/648円(22g)

 ご飯に豪快にぶっかけ、醤油をたらしてかき込むと、磯の香りが押し寄せる。国産の焼き海苔、青海苔、アオサ、鰹節がブレンドされており、それぞれの旨味や香りを堪能できる“究極のめし友”。生卵をのせるのもおすすめ。

・守屋/千葉県市原市岩崎西1-1-30

【神奈川】
「三年漬梅干(曲げ物入り)」(ちん里う本店)/2160円(220g)※10月末までの税込価格

 明治4(1871)年創業の老舗の人気商品。厳選した国産完熟梅を塩のみで漬け、天日干し後に3年ねかせて仕上げる。年月で塩角がとれた“いい塩梅”の梅干しは芳香も力強く、熱々ご飯にのせて食べると多幸感に包まれる。

・ちん里う本店/神奈川県小田原市栄町1-2-1

【東京】
「錦松梅(袋入)」(錦松梅)/1080円(190g)

 掛川藩の武士の家に生まれ、食道楽であった創業者がこだわり抜いて作り上げた「佃煮ふりかけ」。鰹節、白ゴマ、昆布、キクラゲ、椎茸といった山海の幸の旨味をしっとりとした食感と醤油の風味でまとめた商品には松の実も入り、噛み締めた時の異なる食感もアクセントとなって口の中を喜ばせる。温かいご飯やお茶漬け、おにぎりと何にでもよく合う。錦松梅という名は創業者の道楽の一つだった盆栽に由来する。

・錦松梅/東京都新宿区四谷3-7

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

ジャンルで探す