孫に自分の描いた絵本を贈りたい! 夢を叶えた女性

講義を受ける姿は、真剣そのもの

 昭和38年5月創刊の女性セブンはこの5月、55周年を迎えます。これもひとえに、愛読してくださる読者の皆様あってのこと。そこで昨夏に「755万円であなたの夢を叶えます!」企画が立ち上がり、5人の読者(1人あたり151万円)が選出されました。その採用者レポートをお届けします。

 お孫さんたちに本の読み聞かせをするうちに、自分の作った絵本を贈りたいという気持ちを抱いたのは中村栄子さん(62才・埼玉県)。

 プロの絵本作家の指導のもと、家族の協力も得て、世界にひとつだけの絵本が完成しました。

「私みたいな素人に、子供が喜ぶ絵本を作れるかしら…」

 打ち合わせが始まった昨年9月中旬、中村さんは緊張と不安の色を浮かべながらそう漏らした。

「自信はないけれど、孫と過ごした思い出を絵本にして伝えたいんです」(中村さん)

 絵本作家の宮本えつよしさん(64才)は次のように語る。

「読者であるお孫さんに読んでもらいたいという気持ちそのものが大事なんですよ」

 そんな言葉を受け、中村さんはストーリー作りに着手した。主人公は、上の孫・まなちゃん(6才)。

「行きたくなかった保育園、苦手で食べられなかったにんじん。それらを“ばあばの魔法”の力を借りて克服する、というストーリーができあがりました」(中村さん)

 そして、絵本作りを通して、もう1つの夢が叶うことに。

「イラストは長男の恋人に描いてもらいました。いずれは家族になる人を含め、みんなで手がけたものを贈りたかったんです」(中村さん)

 そうして、中村さんが考えたストーリーに、長男の恋人が絵を添えた、愛のぎゅっと詰まった絵本が誕生した。

 2月初旬、中村さんは絵本をまなちゃんにプレゼント。最初は静かだったまなちゃんも、ページをめくるごとに魔法をかけられたように目がキラキラ輝いた。それはまるで、“絵本の魔法”にかかったようだった。

※女性セブン2019年2月21日号

ジャンルで探す