「ジャケットスタイルで注意すべき点は…」マナー講師が教える3つのポイントとは?

ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルを導入する企業が増え、ジャケットスタイルをよく見かけるようになりました。

スーツよりもカジュアルですが、あくまでもビジネスシーンであることは忘れてはいけません。そこで今回はマナー講師である筆者が、ジャケットスタイルで注意したい点を3つご紹介します。

 

サイズが合わないとだらしない印象に

画像:JackF/PIXTA

ジャケットスタイルはできるだけ自分のカラダに合ったものを選びましょう。オーバーサイズは、ラフで、だらしない印象を与える可能性があります。

一方、カラダのサイズにあったものは、清潔感がありきちんとした印象になります。購入する際は必ず試着をしてサイズを確認しましょう。

ジャケットのサイズを確認ポイントは、肩の縫い目と自分の肩の位置が合っているか見るといいと言われています。パンツはウエストと太ももの幅を確認しましょう。

ジャケットやパンツで選ぶ色は?

画像:DCStudio/PIXTA

上下を自由に組み合わせることができるジャケットスタイルですが、ビジネスシーンでは派手な色合いのコーディネートは相応しくありません。

ネイビーやグレー、ベージュやブラックなどのカラーがおすすめです。この色合いは上下どの組み合わせでも派手にはならず、落ち着いた印象を与えることができます。

特に、ネイビーのジャケットにグレーやベージュのパンツスタイルは、ジャケットスタイルの定番と言われています。

注意したいのが、白色です。白色は爽やかなイメージがありますが、ジャケットやパンツで使用すると派手な印象になったり、カジュアル感が強すぎたりするので注意が必要です。

くるぶしは見せない方がいい!?

画像:nnudoo/PIXTA

くるぶしが見える短い靴下は「アンクルソックス」といビジネスシーンではマナー違反と受取られる可能性が高いです。

座ったときにズボンの裾から素肌が見えないようにするのがマナーとされているので、ふくらはぎまでの長さの靴下を選ぶと良いでしょう。

また、白色の靴下もビジネスシーンではマナー違反とされていますので注意が必要です。スーツの場合、靴下選びのポイントは、スラックスの色に合わせることです。ジャケットスタイルでも同様に考えて問題ないでしょう。

 

いかがでしたか? カジュアルとはいえビジネスシーンでの服装であることは意識しましょう。もちろんすべてのシーンで必ずしもマナー違反になるとは筆者は思いませんが、服装は自身の人格や品位を表現する手段の一つであることを忘れずに、TPOに合わせて上手にジャケットスタイルを取り入れましょう。

【画像・参考】
※Mills・JackF・DCStudio・nnudoo/PIXTA

ジャンルで探す