“ポロシャツ”ってNGなの…!? 絶対にしてはいけない「夏のマナー違反」3選

日に日に暑さが増し、汗がなかなか止まらないという経験をしている方も多いのではないでしょうか。

少しでも快適に仕事を進めるために、最近増えてきているポロシャツのマナーについて、マナー講師である筆者がご紹介します。

クールビズでポロシャツはOK?

画像:rebrandy/PIXTA

ビジネスシーンでポロシャツの着用は賛否両論あるようですが、着用する色やデザイン、全体のバランスを考えて“きちんと感”が出る着こなしであれば、必ずしもマナー違反にはならないと筆者は考えています。

まず色ですが、白やグレー等のベーシックカラーや、涼しげな印象を与えるブルー系を選ぶと好印象ですね。次にデザインは、カラダにフィットしたサイズで、襟がきちんと立つデザインを選びましょう。

最後に“きちんと感”を出すために、裾はパンツの中に入れましょう。外に出しているとカジュアル感が強くなってしまいます。ボタンを開けるのは第一ボタンまでにし、襟元があきすぎないように注意しましょう。

速乾性もあり、しわができにくいポロシャツは、清潔感を保つのにもよいアイテムといえるでしょう。暑い夏を乗り切るために上手に取り入れましょう

タオルで汗を拭くのはマナー違反?

画像:EKAKI/PIXTA

外回りをしているときには、タオルで汗をしっかり拭きたいですよね。しかしビジネスシーンでは、一般的には綿素材のハンカチを持つのがマナーとされています。よって、タオルやタオル地のハンカチをビジネスシーンで使うのはマナー違反だと感じる方もいる様です。ですから、お客様の前ではタオルを使うのは控えましょう。

ただ、暑い夏の日にハンカチ1枚ではすぐに濡れてしまいますので、ハンカチは2枚以上持ち歩くとよいでしょう。ハンカチはアイロン掛けをする必要があるため、毎日、複数枚使うのは大変かもしれません。

その場合は、タオルやタオル地のハンカチを持ち歩くのは問題ありませんが、必ずハンカチも1枚は持ち歩きましょう。お客様と会うまではタオルでしっかりと汗を拭きとり、商談中などはハンカチで汗をおさえるようにすると好印象に繋がりますよ。

扇子を使うときの気遣いとは?

画像:bee /PIXTA

最近では、ハンディータイプの小型扇風機で暑さをしのぐ場面も多く見られますが、“できるビジネスパーソン”であれば、扇子で涼を取りたいものですね。

扇子を使う場合は、そっと広げ、首元を優しく仰ぐととてもスマートに見えます。涼しげな色合いや柄、特にビジネスシーンでは縁起物の柄を選ぶといいといわれています。ただし、目上の方やお客様の前では扇子で扇ぐのは控えましょう。どうしても汗が引かず、ハンカチでもおさえきれない場合は、必ず「申し訳ございませんが、汗が引くまで扇子を使ってもよろしいでしょうか」などと一言伝えると、丁寧な印象に繋がります。

 

いかがでしたか。ポロシャツも着こなし方や着る場面に配慮できれば、必ずしもマナー違反には繋がらないでしょう。タオルとハンカチの使い分けや、扇子を使いこなし、スマートな暑さ対策で夏を乗り切りましょう。

【画像・参考】
※Daniela Pelazza/Shutterstock、rebrandy・EKAKI・bee /PIXTA(ピクスタ)

ジャンルで探す