政府の緊急事態宣言 今後の方針は

都庁展望室を五輪関係者のワクチン接種会場へ

東京都の小池百合子知事は11日の定例記者会見で、都庁第1本庁舎(新宿区)の45階にある北展望室を東京五輪・パラリンピックの関係者向けのワクチン接種会場として使用する方針を明らかにした。大会の審判のほか、競技会場や選手村で活動するスタッフらを想定する。対象者には大会組織委から個別に連絡が入るという。

国際オリンピック委員会(IOC)から提供される米製薬大手ファイザー製のワクチンを使用し、大会組織委が集めたスポーツドクターらが接種を担う。18日から運用を始め、最終的には1日2500人規模の接種を目指す。小池氏は「ワクチンの重要性にかんがみ、安全に接種できる場を作るのは都の役割だ」と述べた。

展望室は高さ約243メートルの第1本庁舎の地上約202メートル部分にあり、都内を一望できる。新型コロナの感染拡大防止のため、現在は利用を休止している。

ジャンルで探す