政府の緊急事態宣言 今後の方針は

天王寺動物園の動画人気 登録者数1年で15倍超

新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴い臨時休園が続く天王寺動物園(大阪市天王寺区)が、園内の動物たちの様子を撮影した動画の配信に力を入れている。普段は見られない動物の姿が見られるとあって、動画投稿サイト「ユーチューブ」に開設している同園の公式チャンネルの登録者数はこの1年で15倍以上に増加。担当者は反響に驚きつつ、「動物園のことを知ってもらう貴重な手段。再開した際に足を運んでもらうきっかけになれば」と話す。


「今日はペンギンの赤ちゃんの体重測定をします」

例年なら連日2万人以上の来園者でにぎわう5月の大型連休中、臨時休園のため静かなペンギン舎前でスタッフ数人によるライブ中継が始まった。

ペンギンの巣の中や、フンボルトペンギンの赤ちゃんの体重を計測する様子を撮影。チャット機能を使い、視聴者からの「おなかにある筋のようなものは何?」という質問に、スタッフが「抱卵斑(ほうらんはんあ)といい、卵を温めやすくするため羽が生えないようになっています」などと解説した。

動画の企画や撮影を担当する同園動物専門員の広谷あおいさん(37)は「今しか見られない赤ちゃんの様子を伝えるとともに、環境などを考えるきっかけにしてもらいたい」。動画では、絶滅危惧種のフンボルトペンギンの繁殖に、全国の動物園や水族館が協力して取り組んでいることも紹介した。

4年前に開設

同園は約4年前にユーチューブの公式チャンネルを開設。ライブ中継や記録映像など、数十秒の短編から30分以上の長編まで約550本を配信してきた。

こうした中、コロナ禍が園を直撃。休園や入場制限が続き、年間入園者は平成30年度の約167万人から、2年度は半減以下の約77万人に。来園してもらえない期間でも動物園としてのアピールを続けようと、動画配信を強化。昨春からわずか1年で300本以上を集中的に配信した。

ホッキョクグマの親子がエサを頰張ったり、プールで元気よく泳ぎまわったりする様子や、高齢のためバックヤードで飼育するブチハイエナの姿も公開。動物の食事作りなど舞台裏を紹介する動画もある。

伝える使命

「ステイホーム」で自宅で過ごす時間が増えたことも後押ししてか、動画の数に比例するように、園の公式チャンネル登録者数も急増した。昨年4月時点の約1千から、現在は1万5千以上となっている。

注目度が高まった理由について、動物専門員の井出貴彦さん(35)は「普段見られない場所や動物の様子が見られるだけでなく、撮影時のアドリブの部分を楽しんでもらえているのでは」と推測する。

多くの動物園ファンが現地で見られない状況が続くが、向井猛園長(64)は「できる限り動物たちの様子を伝えるのが私たちの使命」と強調。社会教育施設でもある動物園として「再開後に訪れてもらい、生物多様性や持続可能な開発目標(SDGs)について考えてもらえたら」としている。(小泉一敏)

新型コロナ感染拡大で臨時休園など営業への制限が続く中、各地の動物園は、自宅で楽しめる動画の配信やSNS(会員制交流サイト)での情報発信に力を入れている。

20日まで臨時休園中の札幌市円山動物園は、来場者がいなくても元気に過ごす動物たちの動画や写真を公式ツイッターでほぼ毎日公開。アジアゾウ3頭が同居する訓練など普段は見られない場面が楽しめる。

緊急事態宣言解除まで休園する大牟田市動物園(福岡県)は、「モルモットの会話」や「ウトウトするキツネ」といったタイトルにこだわった動画や、手話を使った動画を公開中だ。

石川県独自の「石川緊急事態宣言」発出に伴い、13日まで休園中のいしかわ動物園(同県能美市)は、飼育員らがコビトカバの成長記録などをホームページ上で日記風につづっている。

千葉市動物公園は市内の小学校などを訪ねて動物に関する出張授業を行っていたが、コロナの影響で昨年度からオンラインでのリモート授業に切り替えた。

ジャンルで探す