【ビブリオエッセー】これはおかしいと思うことから 「ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた-あなたがあなたらしくいられるための29問」佐藤文香・監修 一橋大学社会学部佐藤文香ゼミ生一同・著(明石書店)

 ジェンダーとは何か、を知りたくて本書を手に取りました。これはゼミの学生らが質問と回答をまとめた一冊で、素朴な疑問を丁寧に解説してくれています。

 ジェンダーとは行動や考え方をその人の性差に求める概念で、男性、女性だけではなくLGBTなどセクシュアル・マイノリティも含まれます。本書では「男女平等をめざす世の中で女子校の意義ってなに?」「専業主婦になりたい人もいるよね?」「どうしてフェミニストはミスコンに反対するの?」「女性専用車両って男性への差別じゃない?」など共感と反論が分かれるテーマにも、より深く3段階の回答で切り込んでいます。

 例えば「『〇〇男子/〇〇女子』って言い方したらダメ?」という質問。回答ではリケジョ(理系女子)はあるのにリケダンという言葉がないのは「女性は理系科目が苦手」という「ジェンダー・ステレオタイプ」、固定観念があることを指摘しています。「イクメン」と呼ぶのは育児をする男性が珍しいからで、「女子力」という言葉は「料理が上手」といった思いこみがあるなど挙げればきりがありません。

 ジェンダーを勉強し始めるとまず自分が当たり前と思ってきた多くの「常識」が揺らぐ体験をします。それは日本のジェンダーに関する教育や理解が低いことにも起因するでしょうが、おかしいと思わず無意識に刷り込まれてきた性差の考え方が根深いことに驚きます。

 本書ではまた、ジェンダー問題への高まりに「フェミニズムって怖いもの?」「めざしているのは逆差別?」といった問いも掲げられています。賛否は読者に委ねられますが性別によらず自分の生き方を決められる社会、それこそが新時代の目指すものだと私は考えます。

 静岡県掛川市 今日は魚の煮付け31

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~金曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

ジャンルで探す