山形県鶴岡市立加茂水族館、通称「クラゲドリーム館」見どころは優雅に泳ぐ1万匹のミズクラゲを堪能できる「クラゲドリームシアター」

写真を拡大 スローシャッターで撮影した世界最大級のクラゲ水槽「クラゲドリームシアター」(C)2015〜2024 George Nobechi
世界に約400ある有料水族館のうち、150近くが日本にあるという。フォトグラファー・野辺地ジョージ氏が撮影する数々の被写体・シリーズの中で、最も古いのが水族館であり、少年時代の思い出をたどる「旅」だ。日本人にとっての水族館とは何なのか…写真と文で繙いていく

* * * * * * *

【写真】幻想的な映り込み

第1回 コンセプト(ステートメント)はこちら

山形県鶴岡市にある通称「クラゲドリーム館」

2023年の秋に、山形県鶴岡市にある鶴岡市立加茂水族館、通称「クラゲドリーム館」を訪れた。

当館は、混雑時には写真撮影を自粛してもらうほど混むらしいが、私が訪れた時は空いていたので、思う存分クラゲを撮影することができた。

当日は、晩秋の日本海が暴風のため大荒れで、水族館の窓から眺めた波と雲と夕焼けの景色は息を呑むほど見事だった。

外は荒天でも中の空間は穏やかで、クラゲのフワフワと泳ぐ姿に癒される。

写真を拡大 宇宙人のインスピレーション?美しいクラゲの姿(C)2015〜2024 George Nobechi

世界最大級のクラゲ水槽「クラゲドリームシアター」

写真は、世界最大級のクラゲ水槽、直径5メートルもある「クラゲドリームシアター」。

水槽の前にはベンチが置かれ、1万匹のミズクラゲをゆっくりと眺めることができる。シアター内にはピアノもあり、誰でも弾けるので、音楽と共にクラゲが優雅に泳ぐのを堪能することもできる。

特にスローシャッターを生かすと、水槽の真ん中のクラゲよりも縁に近いクラゲの方が動きが早いため、実に幻想的に写すことができる。

やはり宇宙人のインスピレーションはクラゲだろうと思えるようなクラゲもいれば、北斎の神奈川沖波裏をイメージして撮影をしたり、ついつい見入ってしまった。

写真を拡大 水族館の窓から見えた晩秋の日本海の夕焼け(C)2015〜2024 George Nobechi

AI全盛時代、観る側も「写真とは何か?」を問われる写真展「WONDER Mt.FUJI 富士山 ~自然の驚異と感動を未来へ繋ぐ~」はこちらから

ジャンルで探す