瀬戸内寂聴 信仰の自由について「なぜ、無宗教だった私が51歳で出家したのか。信仰は自由だが、無理に人に押し付けるような宗教はおかしい」

52歳の瀬戸内寂聴さん(写真:本社写真部)
2022年11月9日、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの一周忌を迎えます。1956年、35歳のとき瀬戸内晴美の名で作家デビュー、女性の生き方を描いた作品を次々と発表し人気作家となります。51歳で得度(とくど)、名を寂聴と改めたのちは、作品や法話を通して、人々を《ことば》で導いてきました。出家前は無宗教といってもいい立場だったとのことですが、寂聴さんが考える信仰の自由とは――婦人公論読者からの相談に答えました(1985年5月婦人公論増刊号『一冊まるまる瀬戸内寂聴人生相談』より)

* * * * * * *

信仰の無理強いは不可、たたりはない

●読者からの相談内容
義母と義姉妹が※※教に入信しています。特に義姉は熱心で、私にも入信するようしきりにすすめます。私はこれまで神様・仏様などはいつも見守ってくれているものと信じ、感謝もしてきました。誰に教えられたわけでもないけれど、仏壇にはごはんを供え、神棚には毎日水をあげてきました。だからといって、特定の宗教に入信しなければいけないというものではないと思うのですが……。主人は、信仰するしないは個人の自由だという姿勢です。

他にも似たような質問が多いのに愕きました。あなたのおっしゃるように信仰は個人の自由です。憲法にも第20条に「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する」と定められています。※※教をあなたの義母や義姉妹の方々が信じるのも自由なら、あなたがそれに入信しないのもまた自由です。

信仰は自由ですが、自分の信仰を無理に人に押しつけるような宗教はおかしいと思います。

無宗教の人も多数いられるし、その方々がなまじっかな信仰を持っているよりずっと立派な生き方をし、仕事を残された例も、私は身辺に見ています。私も出家するまでは、まあ無宗教といってもいい立場をとっていました。

仏教が一番、自分に合っていた

自分のことでいえば、私は自分の限界を感じた時、自分が「生かされている」ことに感動し、自分の力だけを信じて生きてきた50年の過去が空しくなり、超越的なものの存在を信じるようになったのです。

私の場合、キリスト教にも近づきましたが、私の育った環境や、私の資質の問題もあったのでしょう。仏教が一番、自分にぴったり合うように思ったのです。仏教の中にも、様々な流派がありますが、私の場合は偶然、天台宗に御縁が生じて、天台宗の仏徒として得度させてもらいました。

私はたまたま、髪も剃り、尼僧となりましたが、仏教には在家得度という形もあり、髪もそのまま、生活もそのままで、得度することが出来ます。

これはキリスト教の洗礼のようなもので、キリスト教で洗礼を受けると、クリスチャンネームをもらうように、仏教では法名をいただきます。私の戸籍名は瀬戸内晴美ですが、法名は寂聴となったようなものです。この法名がそのまま、死ねば戒名となってお墓に彫りこまれるのです。

仏教では得度して、仏に自分のすべてをゆだねることを帰依(きえ)するといいます。仏を信じ自分をすっかりおまかせしてしまうことです。三帰依といって、仏、法、僧の三つに帰依することを誓うのです。

『増補版-笑って生ききる-寂聴流悔いのない人生のコツ』(著:瀬戸内寂聴/中公新書ラクレ)

見守り幸せを祈ってくれる力

人間はおろかで、弱い者だから、生きている間にも、さまざまな誘惑に負けたり、まちがいをおかします。淋しさに耐えられない時も出てきます。そんな時、何かに身を投げだして、思うさま泣いたり、扶けを需めたり、甘えたりしたくなります。

神や仏は、そんな人間の弱さのすべてを見とおして、すべてをゆるし、受けいれ、励まし、時には叱ってくれるものなのです。何処から来て、何処へ行くかわからない私たちに、生れる以前の世界を覗かせてくれ、死んで行くべき世界を見せてくれる力なのです。

私たちが忘れていてもいつでも一方的に私たちを見守り、はらはらしながら、弱いまちがいの多い私たちの生を大過なきよう、幸せであるよう祈ってくれている力なのです。それを信じるか、信じないかも、決して向うから強制してくるものではない筈です。

仏教では仏との御縁が熟するのを仏縁と称しています。私は仏縁もまた授かるものだという実感を、自分の得度の経験で得ることが出来ました。

私のところに寄せられる相談の中には、※※教あるいは××教といって、他の宗教の一切を認めない立場をとり、先祖の霊がたたっているとかいうのが多いのです。あるいは一週間やそこらの修業で、霊を呼びだす力を授かるというのも聞きます。実際そういう人々が訪れてきたこともあります。

仏教にも2600年前の釈尊(ブッタ)は、神通力を持っていられて、様々な奇蹟を行われたという話も伝わっています。けれども、釈尊は神通力をよほどの時でないと使わないようにされていましたし、それを持つ弟子にもむやみに使うことを禁じられていました。

「たたり」は心の影への脅え

私は「たたり」ということを信じません。

先祖の霊とは、仏になったものです。仏は決して、人を苦しめたり、復讐したりはしません。仏とは人の幸せを祈り守ってくれてこそ仏なのです。神の場合も同じでしょう。

昔から、たたりとか悪霊のしわざとかいうことが伝えられているのは、人間が自分のおかした過ちに、自ら脅えて、その罪におののく心の見る幻影だと思います。怨霊しずめのために、殺した人を神にまつるということも、わが国の歴史の中には珍しいことではありません。

自分の心の影に脅えているにすぎないのです。先祖のたたりなどいうことに耳をかたむけないで下さい。先祖の霊をまつるのはいいことです。それは自分の存在について考える時、数えきれない先祖の血と肉と才能と資質を受け伝えられていることを認めないわけにはいかないでしょう。そのことに対して感謝するのが当然です。

決して自分の力だけで自分の現在があるわけではないのです。そこに科学だけではわりきれない生命の不可思議と神秘があります。宗教とは、人間が数字や理屈で説明しきれないものを、この世に見出した時に感じる畏怖の念からも生れるものです。

努力してもしてもわが力のたりないと思う時、人は、ひざまずき、天を仰ぎ、あるいは大地に身を投じて、何かに声をあげて祈りたくなります。そこに宗教が生れます。自分の存在の不思議に思いをひそめ、運命の威力におびえる時、人はこの上なく謙虚にならざるを得ません。

あるかないかわからないあの世の不安も、恐しい死の瞬間も、いくら思いわずらっても自分の力では解決しようのない問題を、見えない力にゆだねきって、そこを乗り越え、あると信じて、未知の次なる世へと渡って行こうと思うのです。

「祈る〈何か〉を持っていることを、その時、人は幸せに思わずにはいられないでしょう」(写真提供:photoAC)

自分というかけがえのない存在

謙虚になった心には、他人の苦しみや悲しみが鏡のように映ってきます。そしてその苦しみや悲しみに素直に反応し、思いやる心が生れます。他人の苦しみや悲しみに手を貸す力はなくとも、共にそれを分けもってあげようという想いが生じてきます。

人が生きるということは、持って生れた自分の可能性を、この世で極限に押しひらいてみることであり、そのために努力をすることであると同時に、自分のかけがえのない生と存在が、他の人に幸せを感じさせることではないでしょうか。

人は自分が幸福になるために生きるのです。ですから他人の幸福になるためにも手を貸さねばならないのです。そんな力が自分にないと思った時、人は祈りたくなります。

「どうかあの人の苦しみや悲しみを少しでもやわらげてあげて下さい」と、何かに向ってひれ伏したくなります。それが愛ではないでしょうか。それが祈りではないでしょうか。祈る「何か」を持っていることを、その時、人は幸せに思わずにはいられないでしょう。

家に仏壇を置いたり、神棚を置いたり、仏像に向って手を合せたり、神社のお札にお酒やお花を捧げたりするのを偶像といって、ある種の宗教は忌み嫌います。そのいい分も一理があります。人間は、自分の心に抱くものをある形にあらわしたいという願望を持っています。

自分の尊敬するもの、愛するものの形しろを常に自分の傍へ置きたいと思います。愛する人の写真や肖像画を自分の傍に持ちたいと願望します。神や仏は見えないので、こうもあろうかという形を想像して、思い描いてきました。

信仰は平等に自由

それがその国々、様々な人種がつくってきた神像や仏像だと思ったら、それを偶像だと、目くじらたてて、叩きこわしたり、焼き払ったりすることもないと思うのです。

印度が好きで私はよく印度へゆきます。あそこは仏教の発生した土地ですが、そこでは多くの仏像が見るも無惨に破壊され、顔がうちこわされています。イスラム教徒が偶像だといって叩きこわした跡なのです。

それでも仏教は東漸して、今、日本に生きつづけています。

信仰は自由です。キリスト教はどんなに弾圧されても、信者はそれを死守してきました。

はりつけにされ焼かれても棄教しない信者の信仰を、権力もどうすることも出来なかったのです。信仰は自分が選ぶというより、神や仏に選びとられるもののように私は思います。

あなたの義母や義姉妹の信仰の自由を認めると同時に、あなたのその宗教をいやだという心情の自由を守りなさい。幸いあなたの御主人はあなたの味方のようですから、勇気を持って、私はいやだと彼女たちにいえばいいでしょう。

※本稿は、『増補版-笑って生ききる-寂聴流悔いのない人生のコツ』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

ジャンルで探す