王子さまが乗る白馬は、お年寄り!? 葦毛の馬は老いて毛並みが白くなる。見た目の美しさだけでなく、経験を積んだウマだからできること

白い毛色のウマは、特別で高貴なイメージがありますが、元から白色であることは稀です。多くは葦毛の馬と呼ばれる灰色のウマが、年老いて白色になっているとのこと(写真提供:photoAC)
歳を取ることについて、どちらかというとマイナスなイメージを持っている方は多いのでは。しかし「老いることは、生物が進化の歴史の中で磨いてきた戦略である」と、静岡大学大学院農学研究科教授の稲垣先生は話します。人気エッセイストとして、著書も多数執筆している先生が、注目する生きものを取り上げながら、その「老い」について考えてきます。今回取り上げるのは、「ウマ」です。ウマの中でも、特に白馬に高貴なイメージを持つ方も多いのでは。競走馬であるソダシは、史上初めて白毛馬のGI優勝を飾るなど、現在も大活躍中。ほれぼれするような白毛ですが、地毛が白色の馬はとても珍しいとのこと。実際、白馬の多くは葦毛馬が年老いた姿ですが、年を重ねているからこその魅力とは。

* * * * * * *

【イラスト】特別で高貴なイメージの白馬。実際は…

王子さまが乗っている白馬は、お年寄りのウマ

王子さまは白馬に乗って現れる。女の子であれば誰でも、一度はおとぎ話の白馬の王子さまを夢見ることだろう。

ウマの毛色は、茶褐色のものが多い。白い毛色の馬は、特別で高貴なイメージがある。

この白馬は、年老いたウマである。葦毛(あしげ)の馬と呼ばれる灰色のウマがいる。この葦毛が、年を取ると白くなるのである。

高貴な人の馬車を引いたり、競馬の誘導をしたりする白いウマも、もともとは葦毛のウマである。中には、生まれつき白い突然変異のウマもいるが、それはときどき、白いカラスや白いタヌキが目撃されるのと同じくらい、とても珍しい。

私たちの髪が白くなるように、葦毛の馬も年を取ると、白くなる。年を取って、すっかり毛が白くなってしまったウマこそが、白馬なのだ。

大切な馬車を引いたり、誘導したりするのは、白馬の見た目の美しさだけでなく、経験を積んで落ち着いたウマであるということもあるのだろう。

若者を導くことができるのは年老いたウマ

「老馬の智、用うべし」という言葉がある。

中国の故事に、山中で道に迷った管仲が、老馬に先導させよ、と老馬を解き放ち、その後をついていったところ、正しい道に戻ることができた。

老馬は経験が豊かなことから、山中でも道を見つけ出せたのである。そのことから、年老いて年功を積んだ老人の英知は価値があるという意味の言葉である。

年老いたウマは、人を導く力がある。

若きプリンスとプリンセスを導くのは、老いたウマこそがふさわしいのだ。

※本稿は、『生き物が老いるということ――死と長寿の進化論』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

ジャンルで探す