端午の節句にはなぜ「柏餅」なのか? 新しい芽が出てくると見届けたように落葉して場所を譲るめでたさ

端午の節句に食べられる柏餅。餅を包むための葉は他にもありますが、なぜカシワが選ばれたのでしょうか。理由の一つとして、カシワはめでたい植物とされているそうですが――(写真提供:photoAC)
歳を取ることについて、どちらかというとマイナスなイメージを持っている方は多いのでは。しかし「老いることは、生物が進化の歴史の中で磨いてきた戦略である」と、静岡大学大学院農学研究科教授の稲垣先生は話します。人気エッセイストとして、著書も多数執筆している先生が、注目する生きものを取り上げながら、その「老い」について考えてきます。今回取り上げるのは、縁起が良いことの象徴である「カシワ」です。

* * * * * * *

【イラスト】命をつなぐめでたさを感じる、カシワとユズリハ

めでたい植物として使用されるカシワ

端午の節句には、柏餅を食べる。

カシワは葉が大きく、抗菌作用もあることから、餅を包むにはちょうど良い。

しかし、カシワでなくても、他にも葉がある。その中で、カシワが用いられたのには理由がある。

じつは、カシワはめでたい植物であるとされている。それはどうしてだろうか。

落葉樹であるカシワは、秋になると葉が枯れる。しかし、冬になっても、他の木々のように葉が枯れ落ちることはない。枯れ葉はずっと、枝についたままである。

しかし春になって、新しい芽が出てくると、それを見届けたように葉を落とすのである。命をつなぐように、枯れ葉が去っていくことから、めでたいとされたのである。

次の世代に場所を譲るかのように散っていく

同じようにめでたいとされる植物に、ユズリハがある。

ユズリハは、カシワと異なり、秋になっても葉が枯れることのない常緑樹である。冬の間も、葉を青々と茂らせている。

しかし、春になって新しい葉が出ると、古い葉は譲るように落ちていく。それがめでたいとされたのである。

「めでたい」とは、どういうことなのだろう。

マツは、冬になっても青々と葉を茂らせている生命力の強さから、めでたい植物とされている。しかし、いつまでも葉がついていることだけが、めでたいのではない。

古い葉が枯れて落ちていき、新しい葉に代を譲り、命がつながっていくことが「めでたい」のである。

※本稿は、『生き物が老いるということ――死と長寿の進化論』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

ジャンルで探す