『鎌倉殿の13人』でも話題。北条政子と娘・大姫。成功者の母と繊細な娘の関係は…。「日本の女は大人しい」わけじゃない!?

武者鑑一名人相合南伝二 大姫君(一猛斎芳虎画、国立国会図書館データベース)
第167回直木賞候補作『女人入眼(にょにんじゅげん)』は、源頼朝と北条政子の娘・大姫を帝の后にしようとする政策「大姫入内(おおひめじゅだい)」をテーマにした小説です。NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でも話題を呼んだこの政策は、「鎌倉幕府最大の失策」と呼ばれています。その背後にあった、現代にまで根を下ろす問題とは? そして鎌倉時代の女性たちから、今の日本人が学ぶべきこととは? 著者の永井紗耶子さんに話を聞きました。(撮影:本社 中島正晶)

* * * * * * *

【図】『吾妻鏡』の大姫の病について書かれた部分

女性が時代を変えた鎌倉期

『女人入眼』で初めて鎌倉時代に挑みました。高校生のときに『女人入眼』の原型を書いているんです。当時から歴史小説が好きだったのですが、女の人が主体として活躍する歴史小説が少なかったので、自分で書いてみようと思ったのがきっかけです。今回描いた平安末期から鎌倉時代初期は、朝廷と幕府という新旧の政治システムの対立が始まる時代の転換期ですが、丹後局や北条政子など、どちらの中心にも強い権力を持つ女性たちがいた。そこに面白さを感じました。

戦国時代や幕末が人気が高い理由の一つは、時代の転換期として様々な価値観が大きく変わるからだと思うんです。これは鎌倉時代も同じ。「権力を握るには帝に娘を嫁がせて外戚となる」という、古代から続いていた政治手段が通じなくなっていく。その一つの現れとなるのが、今回題材にした「大姫入内」だと考えています。貴族たちから武士たちへ、時代の担い手が変わる。その変化をもたらしたのが女性たちであるとも考えられます。

鎌倉時代にもあった母娘問題

大姫と北条政子の母娘、それぞれの人物像ですが、大姫に関しては、繰り返し「悲しみのあまり憔悴」といった表現で、その繊細さを強調されています。気鬱の病…現代でいうところの「うつ病」だったのではないかと思われます。
そんな娘と、尼将軍とまで呼ばれた苛烈なお母さんとの関係はどんなものであったのだろうかと想像を巡らせつつ考えました。

政子は「挫折を知らない人」という印象です。私の勝手なイメージですが、若いころはヤンキー気質というか(笑)、自由奔放に育った娘という感じ。それが、源頼朝という都会出身のデキる男と知り合って妻となり、共に急成長を遂げる。地方の豪族の娘から、天下の武士を束ねる棟梁の妻となる過程で強烈な成功体験が積み上げられたら、何をやっても「私が正しい」というメンタリティになってくるのではないかと。作家になる前、ライターとして企業の経営者や政治家の方を取材する機会も多くありましたが、こういう成功体験に裏打ちされた強気のカリスマ社長にも男女問わずお会いしました。リーダーという点でとても魅力的ですが、身近にいたらちょっと大変かもしれないな……と。

源頼朝と北条政子像(写真提供:PhotoAC)

政子のような人は時代の転換期においては必要な人物であったと思いますが、こんなパワフルな人物が繊細な娘と向き合うのは、とても危険なことに思えます。情に厚い人ですから大姫の事は愛していたはず。でも「これが娘のため」と強く思うあまり、肝心の娘の気持ちを押し切ってしまうところがあった。史実でも頼朝の命に従い大姫の許嫁である義高を殺した武士を、政子が殺すように命じたというエピソードがあります。怖いですよね。とすると、「娘のため」に、女性としての最高の誉れである入内を進めてしまったのではないかと考えました。

「日本の女性は大人しい」わけではない

鎌倉時代は歴史上、ジェンダーギャップが小さい時代だったことは確かだと思いますが、女性の力が強かったとまでは言い切れません。「女人入眼」とは当時の史料「愚管抄」の中に登場する言葉で、国を仏像にたとえて「男が彫り上げた像に、眼を入れて仏として完成させるのは女性だ」という意味です。でも、とりたてて「女人入眼」という言葉が使われるということは、時代は男性中心で回っているという意識の裏返しでもあるのでしょう。

ただ、今回描いた時代と近代以降で、女性の立場は大きく違います。「伝統的に日本の女は大人しい」と言われることがありますが、大人しくなったのは江戸時代の儒教の影響と、明治時代の法整備でそうなった部分が大きいだろうと思っています。

日本は古代、女性天皇が君臨した時代もありましたし、天武年間に定められた「出身法」では、官人の採用基準は男女とも同じと記されていたりします。江戸時代に入ると、儒教の影響で女性はやや窮屈にはなりましたが、それでも宮中では帝の近くで女官たちが仕事をしていますし、幕府でも大奥女中たちや和宮や天璋院篤姫など政治に近い場所に女性の姿があります。しかし明治に入った途端に史料から姿を消してしまう。

大日本帝国憲法下で女性は選挙権もなく、財産を自由にする権利も、意見を主張する権利も奪われます。薩摩出身の新政府の役人、吉井友実という男性は、宮中女官を一度全員解雇します。そのことについて「数百年来の女権、唯一日に打消し愉快極まりなし」と、喜んでいる記述さえあります。そうして歴史を見てみると、伝統的に女が「大人しい」のではなくて、権力によって「わきまえろ」と言われたから、従わざるを得なかった。

その影響はいまだにあると思っています。昭和生まれの私もいざ行動するときに「女だし、わきまえなきゃ」と、無意識にブレーキを踏むことがある。今回の作品で描いた女性たちに叱られそうですよね。

「伝統的に」という言葉で語るなら、「日本の女は大人しい」よりも「日本の女はたくましい」歴史のほうが遥かに長い。歴史を振り返ると、先人の女性たちから「行け!」と応援されているようで勇気をもらえます。最近の世の中を見ていると、令和の今は女性たちの活躍において、時代の転換期なのかもしれません。

『女人入眼』(著:永井紗耶子/中央公論新社)

歴史を通じて自分たちを縛る「思い込み」を解きたい

私が作家をめざしたのは小学生の頃で、卒業文集に「小説家になりたい」と書いたのを覚えています。高校生のときには出版社の新人賞へ投稿を始めましたが、なかなか通らず。大学卒業後は新聞社を経てフリーライターに。仕事がとても忙しくも楽しかったので、しばらく小説からは離れていました。

ですがリーマンショックの際に、ライターの仕事が急激になくなってしまいました。出版社や新聞社に営業をかけようと自分の過去の仕事を整理しているときに、「そもそも私は小説家になりたかったんだ!」と思い出したんです。それで小説の執筆を再開し、2010年にデビューすることができました。

今回『女人入眼』で直木賞には初めてのノミネートされたのですが、一報を聞いたときはとにかくびっくりでした。直木賞への憧れはあったので、目指してなかったと言えば嘘になります。でも、具体的に考えたことはありませんでした。今回のノミネートを受けて、自分の発信したことが世間に受け止めてもらえた感覚がありました。あと、編集さんをはじめ、応援してくださっていた書店さんや読者の方々が喜んでくださっているのを見て、改めて「一人で足掻いていたようで、こんなに味方がいてくれたんだ」と嬉しく思っています。

今回、直木賞候補は5人中4人が女性で、芥川賞候補は全員女性。今作の「女人入眼」という言葉が、世の中が男性中心で回っていることの裏返しならば、こういう報道が出るということもまた然り、なのかもしれないとは感じました。

今後の作品について言えば、歴史を通じて「今」の問題を見つめたいというのが、私の創作のテーマです。

今作でも、新旧の価値観の対立であり、強いリーダーシップの影で嘆く人々がいるという、現代でも変わらない問題を描きたかった。

今と過去を行きつ戻りつ描くことで、今を生きる私たちを縛っている「思い込み」を解き、現状をほんの少し楽しいものにする一助となる物語を紡いでいきたい。

そういう作品を書ける作家でいたいと思っています。

歴史を通じて「今」の問題を見つめたいというのが、私の創作のテーマと語る、永井紗耶子さん(撮影:本社 中島正晶)

ジャンルで探す