日本三古湯、道後、有馬、白浜温泉。聖徳太子が病気療養のために滞在した道後温泉は、約3000年の歴史の日本の温泉で最も古い

【写真】道後温泉本館3 階にある「坊っちゃんの間」

2021年12月、大分県別府市と九州大学の実証研究で、「温泉には特定の病気のリスクを下げる効果がある」と発表された。温泉入浴で腸内細菌が変化し、免疫力にいい影響を与えるというものだ。温泉の本質を知り、より効果的に入浴すれば、効果もUP!? 
また、旅に出られなくても、温泉の豆知識を得ることで、湯けむりに思を馳せ、癒しを感じることも…。消化器外科医・温泉療法専門医であり、海外も含め200カ所以上の温泉を巡ってきた著者が勧める、温泉の世界。安心して、どっぷりと浸かってみてください。
※本記事は『秘湯マニアの温泉療法専門医が教える 心と体に効く温泉』(佐々木政一、中央新書ラクレ)の解説を再構成しています

* * * * * * *

前回「『温泉マーク』と『舌切雀伝説』発祥の地・群馬県の磯部温泉。『日本最古の温泉記号』の碑は万治4年に」はこちら

日本三古湯とは

一般的に道後温泉(愛媛県)、有馬温泉(兵庫県)、白浜温泉(和歌山県)が「日本三古湯」と呼ばれる。ちなみに「日本三大温泉」とは熱海温泉(静岡県)、別府温泉(大分県)と白浜温泉の三温泉である。

また、平安時代の『枕草子』(能因本)の117段に「湯はななくりの湯有馬の湯玉造の湯」とあり、「枕草子の三名泉」と呼ばれている。「玉造の湯」は玉造温泉(島根県)で、「ななくりの湯」は諸説あるが、三重県津市の榊原温泉が有力視されている。

ここでは、歴史ある日本の温泉の代表である「日本三古湯」の温泉発見の由来・伝説、歴史、万葉集、文学作品・文学碑、近代の変遷から辿ってみよう。

〈日本三古湯〉道後温泉(愛媛県)

1 温泉発見の由来・伝説

傷を負ったシラサギが岩の間から流れ出る湯に脚を浸していたところ、傷が癒え元気に飛び立って行くのを村人が見た。手を浸すと温かく、入浴すると疲労が回復し、病人もいつの間にか全快した。これが道後温泉の始まりとされる。

1日に3回(午前6時、正午、午後6時)鳴らされる刻(とき)太鼓がつり下げられている道後温泉本館「振鷺閣(しんろかく)」

の屋根の上には、発見由来となった、羽根を広げたシラサギが飾られている。

秘湯マニアの温泉療法専門医が教える-心と体に効く温泉

2 歴史

約3000年の歴史を誇る日本国内で最も古い温泉の一つで、古代には「伊予の温湯(ゆ)」、「熟田津(にきたつ)の温湯(ゆ)」と呼ばれていた。『日本書紀』や『伊予国風土記逸文』によれば、景行天皇、仲哀天皇、神功皇后、舒明(じょめい)天皇など多くの皇族方が行幸を行っており、聖徳太子も病気療養のため道後温泉に滞在し、碑文を建てたとの伝承も残る。

斉明7年(661)には斉明天皇、中大兄皇子も百済救援の遠征(白村江(はくすきのえ)の戦い)の際、ここに立ち寄って休息し、軍備を整えている(後述)。

平安時代の『源氏物語』には、「伊予の湯桁(ゆげた)(湯の中の仕切り)」という言葉が登場。江戸時代の寛永15年(1638)には、松山藩主・松平定行が温泉を保護し、施設の充実を図っている。

3 万葉集

● 額田王(ぬかたのおおきみ)

「熟田津に船乗りせむと月待てば潮(しほ)もかなひぬ今は漕ぎ出(い)でな(巻118)」

(熟田津で船出しようと月の出を待っていると、幸い良い潮の流れとなってきた。さあ今こそ漕ぎ出そうぞ)

唐・新羅軍の攻撃を受け、滅亡に瀕した百済救済のため、斉明7年(661)、救援軍は難波津(なにはつ=大阪)を出発し、1月14日に伊予国熟田津の石湯(いわゆ)の行宮(あんぐう)に立ち寄った。伊予で軍備、水軍力の確保強化を終え、満を持して熟田津から筑紫国の娜大津(なのおおつ)(現在の博多港)に向けて大軍船団が出航した。その際に額田王が斉明天皇に代わり、渾身の力を込め、大号令の一声のもとに大軍船団を動かすこの歌を詠んだ。

護国神社・万葉苑にある額田王の万葉歌碑

● 山部宿禰(すくね)赤人

「ももしきの大宮人 熟田津に 船乗りしけむ年の知らなく(巻3‐ 323)」

この歌は山部赤人の長歌(巻3‐ 322)に続く反歌である。

赤人がいつ、何用で伊予の温湯に行ったかは不明であるが、「熟田津に船乗りしけむ年の知らなく」とは斉明7年(661)の百済救済の船出に想いを馳せている歌である。本当に年がわからないのではなく、前記の額田王の一声によって、筑紫へと船出していった一行の往時が遠い過去のことで、それほどこの地の歴史が古く、輝かしい永遠性を持っていることを讃美しているのである。道後温泉本館の「神の湯」男湯湯釜には長歌とともにこの反歌が刻まれている。

道後温泉本館の「神の湯」男湯湯釜に刻まれた山部赤人の万葉歌

4 文学作品・文学碑

● 小林一茶

「寝転(ねころ)んで蝶泊まらせる外湯哉(かな)」

寛政7年(1795)、小林一茶は、師である二六庵竹阿(にろくあんちくあ)の旅の跡を慕い、松山の俳人栗田樗堂(ちょどう)らを訪ねて、松山を訪れた。その旅日記『寛政七年紀行』によると同年2月1日に「道後温泉の辺りにて」と前書きしたこの句がある。

道後温泉本館

● 夏目漱石

東京大学英文学科を卒業した漱石は、明治28年に愛媛県立尋常中学校の英語教師として松山に赴任した。翌年に転任するまでの間、道後温泉本館に足繁く通い、この経験から『坊っちゃん』を書き上げた。道後温泉本館3階には「坊っちゃんの間」があり、自由に見学ができる。

また、明治21年に伊予鉄道が松山市内で運行を開始し、漱石が『坊っちゃん』の中で「マッチ箱のような」と表現したことから、「坊っちゃん列車」と名付けられた。昭和35年に一時幕を閉じたが、平成13年に復活し、道後温泉の名物として汽笛を鳴らしながら市街地を走っている。

復活した「坊っちゃん列車」

● 正岡子規

愛媛県松山市出身の正岡子規は、前出の夏目漱石と親交が深く、連れ立って道後温泉を訪れたという。昭和56年には「松山市立子規記念博物館」が開館。子規の糸瓜(へちま)を詠んだ辞世の「絶筆三句」や、夏目漱石、柳原極堂などの作品が展示されている。

(1)「糸瓜咲て痰のつまりし仏(ほとけ)かな」

(2)「痰一斗糸瓜の水も間に合はず」 

(3)「をとゝひの糸瓜の水も取らざりき」

● 高浜虚子

「ふるさとに花の山あり温泉(いでゆ)あり」

5 近代の変遷

道後湯之町初代町長・伊佐庭(いさにわ)如矢(ゆきや)が老朽化した道後温泉の改築に取り組み、棟梁には城大工の坂本又八郎を起用し、幾多の困難を乗り越えて明治27年に「百年の計」の願いを込めた木造三層楼の近代和風建築「道後温泉本館」を完成させた。また、明治32年には日本で唯一の皇室専用の浴室「又新殿(ゆうしんでん)」も竣工した。

現在もなお現役の共同浴場として使用され、平成6年には、共同浴場としては初めて国の「重要文化財」の指定を受けた。

【道後温泉 DATA】

[泉質]アルカリ性単純温泉[pH]9・0[湯の色]無色透明[温度]平均47℃

[主な効能]筋肉もしくは関節の慢性的な痛み、またはこわばり(関節リウマチ、五十肩、打撲、捻挫、腰痛などの慢性期)、冷え症、痔の傷み、胃腸機能の低下、疲労回復、不眠症など

[共同浴場]道後温泉本館、道後温泉別館 飛鳥乃湯泉、道後温泉 椿の湯

[問合せ先]道後温泉旅館協同組合 TEL089 - 943 - 8342

[所在地]愛媛県松山市道後湯之町

[アクセス]JR予讃線松山駅より伊予鉄道市内線またはバスで20 ~25分。松山自動車道松山ICより20分

※本稿は、『秘湯マニアの温泉療法専門医が教える 心と体に効く温泉』(中央新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

ジャンルで探す