万葉集に詠まれた「伊香保温泉」「湯河原温泉」「二日市温泉」。湯河原では、夏目漱石が絶筆となった『明暗』を執筆した

2021年12月、大分県別府市と九州大学の実証研究で、「温泉には特定の病気のリスクを下げる効果がある」と発表された。温泉入浴で腸内細菌が変化し、免疫力にいい影響を与えるというものだ。温泉の本質を知り、より効果的に入浴すれば、効果もUP!? 
また、旅に出られなくても、温泉の豆知識を得ることで、湯けむりに思を馳せ、癒しを感じることも…。消化器外科医・温泉療法専門医であり、海外も含め200カ所以上の温泉を巡ってきた著者が勧める、温泉の世界。安心して、どっぷりと浸かってみてください。
※本記事は『秘湯マニアの温泉療法専門医が教える 心と体に効く温泉』(佐々木政一、中央新書ラクレ)の解説を再構成しています

* * * * * * *

【写真】文豪たちが愛した湯河原。万葉公園の「独歩の湯」

前回「『温泉マーク』と『舌切雀伝説』発祥の地・群馬県の磯部温泉。『日本最古の温泉記号』の碑は万治4年に」はこちら

万葉集で詠まれた温泉

わが国に現存する最古の歌集で、古代の人々の暮らしぶりを今に伝える『万葉集』には、温泉地で詠んだ、あるいは温泉と関係する歌が少なからず見られる。日本三古湯といわれる「道後温泉」「有馬温泉」「白浜温泉」については第3章を参照していただくとして、その他「伊香保温泉」「湯河原温泉」「二日市温泉」で詠まれた、あるいはその地と関連の深い万葉歌について紹介する。

●伊香保温泉(群馬県渋川市伊香保町)

特筆すべきは万葉集巻一四の東歌の中に、伊香保を歌った歌が9首も含まれていることである。しかし当時、伊香保は都から遠く、方言や訛りで詠まれた難解な語句の歌が多く、現代語訳は群馬県渋川伊香保温泉観光協会発行の『伊香保温泉 句碑めぐり 万葉歌碑めぐり』、地元出身の故宮澤智子著『伊香保の万葉集』と歌碑の横に建てられている解説文を参考にした。

9首全てが伊香保町内に歌碑として建立されており、そのうちの代表的な3首について解説する。伊香保で詠まれた歌にはなぜか艶っぽいものが多い。

「伊香保ろにあま雲いつぎかぬまづく人とおたはふいざねしめとら 作者不詳(巻一四― 三四〇九)」

(伊香保の山に入道雲がつぎつぎに湧き上がり、雷鳴も轟き人も騒いでその方に気を取られている。そういう時だからさあ一緒に寝させろよ……なぁお前)

「伊香保ろ」は榛名山のこと。「かぬまづく」、「おたはふ」は語義不詳。

「伊香保ろの八尺(やさか)の堰塞(ゐで)に立つ虹(ぬじ)の顕ろまでもさ寝をさ寝てば 作者不詳(巻一四― 三四一四)」

(伊香保の山裾にある八尺もある大きな水門(堰塞)からほとばしる水しぶきに朝日が当たって虹がはっきりと見えるようになるまでお前と一緒に寝ていられたらどんなに楽しいだろう。是非そうしたいものだなぁ。なぁお前)

「虹(ぬじ)」はにじの古形、あるいは東国訛り。「さ寝をさ寝」は幾夜も続けて寝ること。

万葉集中、虹を詠みこんだ歌はこの1首のみである。

歌碑は水沢観音の駐車場に建てられている。

「伊香保ろのそひの榛原(はりはら)吾が衣につき寄らしもよひたへと思へば 作者不詳(巻一四― 三四三五)」

(伊香保の山の山沿いにある榛原の榛の実は私の着物にとても染めつけ具合が良い〈合性が良い〉。これは私の着物が一重物だから〈私のあなたを想う気持ちに裏表の二重の心がないから〉)

「榛(はり)」はハンノキの古名。「ひたへ」は一重の訛り。一重の衣は裏がないので、自分が相手をひたすら想っていることをにおわせている。歌碑は「文学の小径」にある。

秘湯マニアの温泉療法専門医が教える-心と体に効く温泉

●湯河原温泉(神奈川県足柄下郡湯河原町)

湯河原温泉には役の行者発見説、弘法大師や行基による発見説、二見加賀之助重行(ふたみかがのすけしげゆき)発見説など、複数の開湯伝説がある。開湯は約1300年前と言われている。

「足柄(あしかり)の土肥(とひ)の河内(かふち)に出づる湯の世にもたよらに子ろが言わなくに作者不詳(巻一四― 三三六八)」

(足柄の土肥の谷間に湧き出る湯のように、ほんのちょっとでも揺らぐ気持ちをあの娘は言ったわけでもないのに〈私は心配だ〉)

温泉のコンコンと湧き出している様子を詠ったものは、万葉集中この1首のみである。「足柄(あしかり)」は足柄(あしがら)の訛り、「土肥」は湯河原一帯の旧名、「河内」は上流の谷あいの平地。自分が想いを寄せている女性が、温泉の湯煙のように他の男性に揺らぎはしないかと、いつも不安な気持ちに駆られている男性の歌である。

この「河内に出づる湯」のところが湯河原温泉発祥の地か。歌碑は竹内栖鳳(せいほう)の揮毫(きごう)で湯河原町の「万葉公園」内の「文学の小径」に建てられている。

江戸時代(嘉永4年)の温泉番付では湯河原温泉は東の4位の前頭(最高位の大関は草津温泉)にランクされており、昔から創傷治癒に効果のある「傷の湯」として知られ、日清・日露戦争の際には傷病兵の療養地に指定された。

現在では千歳川とその上流の藤木川を挟んで、4キロにわたり大小取り混ぜ約130軒の旅館・ホテルが建ち並んでいる。千歳川が神奈川と静岡の県境をなしているので、温泉街は神奈川県と静岡県にまたがって存在している。藤木川の川沿いにある旅館街は起伏に富んだのどかな雰囲気に包まれ、文人墨客(ぶんじんぼっかく)に愛された老舗の高級旅館が多い。

明治時代以降では、国木田独歩が晩年に『湯河原より』『湯河原ゆき』などの短編小説を執筆した他、夏目漱石が絶筆となった『明暗』を湯河原で執筆している。島崎藤村、芥川龍之介、谷崎潤一郎らも逗留。また、万葉公園内には国木田独歩に因んだ足湯施設「独歩の湯」がある。足裏のツボを刺激する数種類の足湯があり、温泉に足を浸し、足裏をマッサージすることで健康回復を促す施設である。他にも、日帰り入浴施設には古来有名な「こごめの湯」、「ゆとろ嵯峨沢(さがさわ)の湯」「湯河原ラドンセンター」の3カ所がある。

●二日市温泉(福岡県筑紫野市湯町)

歴史上の記録で「二日市温泉(当時は次田(すきた)の温泉(ゆ)」が現れてくるのは、大伴旅人が万葉集で詠んだ次の歌が初めてで、太宰府遺跡の南、2キロほどのところにある。

「帥大伴卿(そちおおともきやう)、次田の温泉に宿り、鶴(たづ)が音(ね)を聞きて作る歌一首 湯の原に鳴く芦田鶴(あしたづ)はわがごとく妹(いも)に恋ふれや時わかず鳴く(巻六― 九六一)」

( 太宰帥(だざいのそち)大伴卿が次田の温泉に泊って、鶴の鳴き声を聞いて作った一首。湯の原に鳴く葦辺の鶴は私のように妻を恋い慕うからか、時の区別もなく鳴いている)

「妹」は男性にとって愛しい人。つまり「妻」。「時わかず」は「時の区別もなく」の意。

神亀4年(727)の暮れ、大伴旅人は太宰府の帥(長官)として筑紫に赴任した。筑紫行きに伴った妻大伴郎(いらつめ)女は不幸にも翌年の4月に亡くなった。亡き妻を恋い偲び、深く悲しい自分の境遇を、湯の原で鳴く鶴の声に託して詠んだ歌である。

歌碑は筑紫野市の「パープルホテル二日市」の前に建てられており、筑紫野市文化会館前には、もう一基、旅人が妻を偲んで詠んだ歌碑がある。

「橘の花散(ぢ)る里の霍(ほ ととぎす)公鳥片恋しつつ鳴く日しそ多き(巻八― 一四七三)」

(橘の白い花が散る里のホトトギスは無益な片思いをしながら鳴く日が多いことよ)

二日市温泉の開湯は約1300年前の奈良時代と言われている。この地の豪族藤原虎麻呂の娘が腫れ物に苦しんでいたので、虎麻呂が武蔵寺(ぶどうじ)の薬師堂に籠もって病気治癒を祈願したところ、薬師如来が夢枕に立ち、お告げによって温泉を発見し、その温泉で娘の腫れ物が全快したという伝説が残っている。古くは「次田(すきた)の温泉(ゆ)」「薬師温泉」、近世では「武蔵温泉」と呼ばれ、江戸時代には、筑前藩主・黒田家専用の「御前湯」が置かれており、「二日市温泉」と命名されたのは昭和25年になってからのことである。

二日市温泉は、明治22年の九州鉄道(現JR)の開業をきっかけに温泉観光地として発展を遂げるようになった。福岡市の中心部から30分足らずで行けるところから「福岡の奥座敷」とも呼ばれ、昭和天皇、江沢民、美空ひばりらも宿泊した「大丸別荘」をはじめ11軒の旅館・ホテルと、「博多湯」「御前湯」など4カ所の日帰り入浴施設がある。

※本稿は、『秘湯マニアの温泉療法専門医が教える 心と体に効く温泉』(中央新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

ジャンルで探す