牛若は「千人斬り」をこころざす殺人鬼か? 義経と弁慶、悪役はどちら

‘Gojōbashi no tsuki’,(一部) by Taiso Yoshitoshi.
Image via Library of Congress
英雄は勇ましく猛々しい……ってホンマ? 日本の英雄は、しばしば伝説のなかに美少年として描かれる。ヤマトタケルや牛若丸、女装姿で敵を翻弄する物語を人びとは愛し、語り継いできた。そこに見た日本人の精神性を『京都ぎらい』『美人論』の井上章一さんが解き明かす本連載。第7回は「人を斬る美少年」、前回に引き続き「牛若/義経」を取り上げる

* * * * * * *

【絵画】牛若の美貌の母・常盤御前を、大蘇(月岡)芳年が描いたら

前回●出っ歯よばわりをされた、もう一人の「義経」…

市中のおいはぎめいた悪人にされてきた弁慶

弁慶には、刀剣類を千本あつめようとする野望があった。そのため、夜ごとに、通行人から武器をうばいとっている。もう、九百九十九本まで、手にいれた。あと一本で、悲願は達成される。そんな晩に弁慶は源義経、牛若とであい、この夢をうちくだかれた。

多くの人が想いうかべるふたりの物語は、そういうドラマからはじまる。そして、この筋立てをつくったのは、室町時代の物語作者たちである。なかでも、『義経記』の存在は大きい。ふたりのかかわりをめぐる伝説の多くは、たいていこの軍記文学に根ざしている。

刀剣類の強奪へ弁慶がおもむく話も、『義経記』にはある。その第三章第五節は、「弁慶洛中に於て人の太刀奪ひ取る事」と、題されていた。そして、弁慶はその第五節で、ついに「九百九十九腰」まであつめきる。なお、「腰」は刀や袴などの点数をしめす助数詞である。この第五節へ、「弁慶義経に君臣の契約申す事」という第六節が、つづいていく(岩波文庫 1939年)。

くりかえすが、今日の牛若伝説は、ほぼこの型におさめられている。牛若とであう前の弁慶像でも、例外はまれである。どの物語でも、弁慶は市中のおいはぎめいた悪人にされてきた。読み物のみならず、映画やテレビの時代劇などでも。

『牛若丸 : オトギヱバナシ』(石川兼次郎・画作、富士屋書店、1929年) 国会図書館デジタルコレクション

「鞍馬に居られた牛若殿が。千人斬りを…」

しかし、この型が定着する前は、そうでもない。室町時代の文芸や芸能には、べつのパターンでできた例もある。

たとえば、能の演目である『橋弁慶』を、もういちどとりあげたい。この作品は、牛若と弁慶がはじめてむきあう場に、五条橋をえらんでいる。立地の設定では、今日的な構図のさきがけをなしていた。

だが、橋の上で刀剣をうばう男の話はでてこない。弁慶も、そういう悪業には手をそめていなかった。『橋弁慶』で悪役をあてがわれたのは、牛若のほうである。この物語で、毎夜牛若は、五条橋をゆきかう人に斬りかかっていた。無差別殺傷者、いわゆる人斬りという役柄をわりあてられている。

ある日、弁慶は自分の従者から、五条橋についての噂を聞かされる。あの橋には、「十二、三ばかりなる幼き者」が、出没する。「小太刀にて斬つて廻」るらしい。その様子は、「さながら蝶鳥の如」くであるという(『謡曲大観 第四巻』 1931年)。

つづく幕間には、都の男たちがふたりあらわれる。そのやりとりで、五条橋の人斬りを解説するしかけになっている。両者の会話は、こうつづく。なお、語り合うオモとアドは、それぞれ能のシテとその相手役をさしている。

「オモ 五条の橋へ来たれば。女か若衆か見え分かなんだが。十二三ばかりの幼い者が……切つてかゝるによつて……逃げ延びたが、まづあれは何者であらうぞ。

アド 鞍馬に居られた牛若殿が。千人斬りを召さるゝと聞いたが、定めて牛若殿であらう」(同前)

『橋弁慶』で語られる牛若の行動は、なんともおぞましい。「千人斬り」におよんでいる。『義経記』の弁慶は、ただ刀をうばうだけであった。くらべれば、悪漢としても、ひかえ目にうつる。そして、人斬りの牛若は「女か若衆」かが見わけがたい少年として、えがかれた。

橋には、人斬りの少年がたっていた

第二段では、その牛若が「薄衣(うすぎぬ)を引きかつぎ」、つまり女装をして舞台にあらわれる。そして、モノローグを披露する。「母の仰せの重ければ。明けなば寺へ登るべし」、と(同前)。

母の常盤は、牛若の悪逆非道な振舞いを、きびしくたしなめた。しかられた牛若は、夜があければ寺へもどろう、人斬りもやめようと決意する。作者は、その経緯も独白で観客へしらせていた。

ただし、その晩は、まだ鞍馬へかえらない。人斬りは今夜を最後にしよう。牛若は自らにそう言い聞かせ、五条橋へむかっていく。「今宵ばかりの名残(なごり)なれば」と、人斬りへおもむく心境も、独白でつげている(同前)。母のいさめがなければ、もっとつづけたい。そんな欲望もいだくぶっそうな少年に、この能で牛若はなっていた。

さて、弁慶は従者から人斬りの評判を聞いている。そして、興味をもった。また、自分の手で退治をしてやろうとも思いたつ。そのうえで、夜ふけに五条橋へでかけている。

橋には、人斬りの少年がたっていた。だが、弁慶の目には男児とうつらない。「見れば女の姿なり」とうけとめた。そして、とおりすぎようとする。そんな弁慶に、「かれをなぶつてみん」とする牛若のほうから、手をだした(同前)。橋上の剣劇は、こうしてはじまったのである。

歌川国芳が描いた弁慶と牛若の出会い
‘The Young Yoshitsune defeats Benkei at Gojo Bridge’, 1843–1853, by Utagawa Kuniyoshi. Image via Art Institute of Chicago

やりあううちに、弁慶は自分の薙刀をはたきおとされた。深手こそおわなかったが、敗北をみとめている。また、自分をうちまかした相手が、源氏の御曹子であることも知らされた。けっきょく、弁慶は牛若の家来となる。そのあと、ラストシーンへは、こうつづく。

「今より後は。主従ぞと。契約堅く申しつつ。薄衣被(かづ)かせ奉り弁慶も長刀(なぎなた)打ちかついで。九条の御所へぞ参りける」(同前)。女装用の薄衣を、牛若はたたかいの前に、ぬいでいた。弁慶はそれをうやうやしく、もういちど牛若の頭にかぶせている。そうして、牛若の館である「九条の御所」へと、ふたりはむかうのである。

悪人が良き家来を獲得して、大団円をむかえる話

女装のにあう美少年という設定は、『義経記』とかわらない。しかし、『橋弁慶』では、牛若のほうが悪漢になっている。「千人斬り」をこころざす殺人者として、登場する。これは、そんな悪人が良き家来を獲得して、大団円をむかえる話なのである。

『橋弁慶』は、室町時代に御伽草子の読み物としても、まとめられた。こちらでも、「うしわかまる」は人斬りとして、あらわれる。「ちゝよしともの十三ねんき」に、「平家のやつはらを、千人きり」たおす(『室町時代物語大成 第十』1982年)。父、源義朝の十三回忌に、平家を千人殺して供養する。牛若には、そんな大望があったとされている。 

凶行におよんだ場所は、やはり五条橋であった。そのため、「千人はかりのしがいを、河原おもてに、かさね」る光景も出現する(同前)。河原には、千体の死骸が横たわっていたというのである。たいへんなテロだと言うしかない。

ただ、平家への復讐という動機が、御伽草子ではしめされた。父の十三回忌にという言い分も、そえられている。能の牛若とちがい、愉快犯めいた印象はただよわない。現代人には、こちらのほうがうけいれやすかろう。

能の『橋弁慶』で、牛若は母の常盤にせめられ、人斬りの続行をあきらめた。ただ、母からその非をたしなめられる場面が、この演目にはない。母にしかられるシーンは、『笛之巻』というべつの能に、おさめられている。

『笛之巻』で常盤は、亡夫源義朝の旧臣から、息子である牛若の所業を聞かされる。おどろいた母は、牛若をきびしく叱責した。「夜な夜な五条の橋に出で、人を失ふ由を聞くぞとよ。真(まこと)さやうにあるならば。母と思ふな子とも又思ふまじ」(前掲『謡曲大観 第四巻』)。お前は五条橋で、毎夜人をあやめていると聞く。もし、そうなら、もう母子の縁はきる、と。

とがめられ、牛若は反省する。母の膝許へ歩みより、「許し給へと泣きゐ」った(同前)。これが、『笛之巻』の山場になっている。『橋弁橋』は、この続篇にほかならない。

牛若をテロリストとして位置づける。この牛若像は、江戸時代の前半ごろまでたもたれた。もちろん、弁慶のほうを武器強奪の悪人とする『義経記』以来の構図も、なくならない。ふたつの見方が、どちらも、ある時期までは並行して語りつたえられた。

牛若も悪ければ、弁慶もひどい?

江戸時代に、人斬りとしての牛若像を語ったのは浄瑠璃である。たとえば、『うしわか虎之巻』(1676年)に、それをしめす場面がある。そこでは、牛若をさがす弁慶が、ある城の前で、こう声をはりあげた。

「此城にうしわか子のおはするか……五条のはしの上にて千人きりをなされし時しゆじゆうのけいやく申たる……弁慶にてさふらふぞや」(『古浄瑠璃正本集加賀掾編 第一』1989年)。五条橋で人斬りをなさった牛若様は、ここにおられるか。あの時、主従の契りをむすんだ弁慶がまいりましたぞ、と。

弁慶は「千人きり」の過去を、人前でかくすべきだと思っていない。城内へむかい、むしろほこらしげにつたえている。浄瑠璃の愛好家も、それを美しい英雄にふさわしくない醜行だとは、思わなかった。

文字どおり、『牛若千人切』(1679年)と題された浄瑠璃もある。この作品でも、牛若が千人斬りの願をたてたのは、父義朝を供養するためである。十三回忌の追善にという動機が、はっきりしめされている。その点は、御伽草子の『橋弁慶』とつうじあう。おそらく、この先行作を下敷にしたのであろう。

なお、『牛若千人切』の弁慶は、京都で「おいはぎ」をおこなっていた。衣類などを、九百九十九こしうばひ」と、作中にある(同前)。牛若も悪ければ、弁慶もひどいという設定になっていた。『橋弁慶』の牛若像と『義経記』の弁慶像を、ともにいかそうとしたのだろうか。

しかし、時代が下ると牛若の人斬りを語る文芸は、少なくなっていく。私の目にとまった範囲では、江島其磧の『鬼一法眼虎の巻』が最後の例となる。1733年に発刊された読物だが、「千人斬」の理由は、こうしるされた。

「源の牛若丸、亡父の十三回忌の孝養に、千人斬を思ひたち、夜な々々毎に……老若貴賤僧俗の差別なく、往き遇ふ者を斬り給へば……」(『其磧自笑傑作集 下巻』(1894年)

これが、殺人鬼としての牛若像をつたえる最終例だと、言いきる自信はない。だが、こういう牛若語りにくみする文芸は、江戸中期以後、へっていく。あとには、弁慶を刀剣千本の強盗とする筋立てだけが、生きのびる。

無慈悲で美しいテロリストの系譜

1715年に、『広益俗説弁』という本が刊行された。世にはびこる歴史上の俗説を、実証的に批判する著作である。考証家として知られる井沢長秀が、これをまとめている。

その「巻十二」が、義経の千人斬りをとりあげ、否定した。こんな振舞いは亡父の追善になりえない。むしろ、追悪である。人さえ斬れば武人として、りっぱに見える。そういうあさはかな考えで「義経の武勇を称せんとて、跡かたなき事妄作し」たのだ、と(『東洋文庫 五〇三』1989年)。

大平の世をむかえた江戸中期には、戦国の遺風がきらわれだす。武ばった侍は、古めかしくうつるようになってきた。そんな時勢のなかで、英雄・義経の千人斬りという話も、きらわれだしたのだろうか。

しかし、どうだろう。室町期以後、少なくない文芸が義経、牛若をテロリストとしてえがいてきた。それは、ただ「武勇」を誇張するためだけの虚構だったと、言えるのか。

室町文芸は牛若、若い義経を、特権的な美少年にしたてあげた。女と見まちがう英雄像を、こしらえている。ひょっとしたら、この美貌幻想もまた、テロリズムへの期待をあおったのではないか。

大蘇(月岡)芳年が描いた牛若
‘Gojōbashi no tsuki’, by Taiso Yoshitoshi.
Image via Library of Congress

幕末に新撰組ではたらいた沖田総司は、人斬りの冷酷な侍であったという。であるからこそ、美貌の剣士であったとする後世の思いこみも、強くなる。それとにたような想像力のからくりが、義経、牛若にも作動したのではないか。

ぶさいくな男たちは、あまりこういう空想をかきたてない。美しい男子こそが、テロにふさわい人物として、想いえがかれる。あるいは、むごい振舞いも美形ならゆるせると、考えられたのかもしれない。いずれにせよ、『橋弁慶』などが「武勇」だけを強調したかったわけではないだろう。 

どうやら、無慈悲で美しいテロリストの系譜を、さぐっていかねばならないようである。女になりすます殺人者の物語へ、これからは光をあてていく。義経以外の残酷な、そして時に性をこえる英雄伝説の系譜へ、目をむけたい。日本の文芸史が、新しい角度からながめわたせれば、さいわいである。

ジャンルで探す