新型コロナ 最新の感染状況や対応は

義経像の美化の裏に「美童」の存在。奥州に落ち延びる際にはひどい描かれ方に

‘Yoshino ni Shikuza hangan betsuri ga’ by Tsukioka Yoshitoshi.
​(一部)Image via Rijksmuseum Amsterdam
ヤマトタケルや牛若丸、女装姿で敵を翻弄する物語を人びとは愛し、語り継いできた。そこに見た日本人の精神性を『京都ぎらい』『美人論』の井上章一さんが解き明かす本連載。第4回は「幸若舞の美童たち」、前回に引き続き「牛若」を取り上げる

* * * * * * *

月岡芳年が描いた、源義経と静御前の別離

前回●源義経は楊貴妃に匹敵する美形か、ひどい出っ歯か…

寵童、美少年がにない手に

平安時代の末期を生きた源義経が、どんな顔立ちをしていたのかはわからない。ただ、室町時代にはいってから、彼を美貌の人としてえがく読み物は、ふえている。

美しさゆえに、寺の僧侶たちから愛された。天狗からも、恋を告白されている。女装のにあう人でもあった。そんな設定の文芸が、ひろく普及する。今なお義経像は、この室町時代がふくらませたイメージとともにある。

義経を美男であったとうらづける同時代の記録はない。鎌倉時代にできた『平家物語』などは、出っ歯だったと書いていた。にもかかわらず、今は美形説が幅をきかせている。室町文芸のつくりだした虚像を、語りついできた。

これは、いったいどういうことなのか。また、なぜ室町時代の人びとは、義経の風采を美しくりっぱにしたのだろう。

江戸風俗の考証で知られる三田村鳶魚(みたむら・えんぎょ)が おもしろい解釈をほどこしている。鳶魚は言う。義経をとりあげる芸能の多くは、幸若舞(こうわかまい)の演目になっていた。その幸若舞をささえたのは、室町時代の稚児である。寺僧たちにかわいがられた寵童、美少年がにない手となっていた。義経らが美化されたのは、そのためである、と。

江戸時代の浮世絵師・一筆斎文調が描いた牛若
‘Ushiwaka-maru on the Gojo Bridge’ by Ippitsusai Buncho.
Image via Art Institute of Chicago

判官びいきの感情がはぐくまれた理由

義経は大きな功績があったのに、不幸な最期をとげた。彼の悲劇的な人生をあわれみ、共感をよせる者は少なくない。そんな精神のありようを、いっぱんに判官(ほうがん)びいきとよぶ。

義経は、都で検非違使の尉(じよう)という役職についている。つまり判官になったことがある。義経への同情が判官びいきと言われるのは、そのためである。なお、この言葉は、義経個人への好意をこえてつかわれることもある。弱い立場の人びとを応援したくなる気持ちまでふくめ、そうよばれるようになった。

一種のイディオムと言うべきか。この言いまわしは、国語のなかにとけこんでいる。判官びいきを、一種の民族的な感情だと考える人も いなくはない。そんな心のうごきをも、鳶魚はつぎのように説明する。

「判官贔屓も、稚児(牛若)に対する愛情の延長と見るべきもののように考えられる」(「幸若舞の見物」1925年『三田村鳶魚全集 第二一巻』1977年)

はじめに、悲運の英雄へよせる共鳴があったのではない。幸若舞の舞台では、義経の役が美童により演じられている。のちの国民感情も最初は、彼らの美しさにたいする憧憬からはじまった。そんな土台の上に、判官びいきの感情ははぐくまれたのだという。

能の研究者として知られる増田正造も、似たようなことをのべている。「謡曲の義経」という座談会で、そのことを言っていた。ただし、幸若舞ではなく、能が義経を美しくしたのだ、と。

判官びいきの精神「を生んだのは、お能ではないか」。司会をつとめる半藤一利のそんな問いかけに、増田はこうこたえている。

「中世は美少年愛好の時代でした。美少年が舞台に出ることが大いに好まれたでしょうからね……義経を美少年にやらせたから、判官びいきが生まれたんじゃないでしょうかね(笑)」(半藤一利編著『日本史が楽しい』1997年)

ふたりの見解には、ずれがある。かたほうは幸若舞の美しい演者が、義経像を美しくしたという。もういっぽうは、能役者の美少年が、義経のイメージをかえたとする。その点では一致していない。

だが、どちらも同じ見取図をしめしている。室町時代の芸能は、多く美少年たちによって演じられてきた。舞台の義経も、そんな彼らのはまり役になっている。そのため、義経像は美しくぬりかえられた。やがては、その美貌が判官びいきという民族精神さえ、よびさますようになる。そうのべているところは、つうじあう。

アカデミックな芸能史研究は、こういう解釈をどう評価しているのか。その現状を、私はよく知らない。たぶん、古典芸能をジャニーズなみにとらえる点は、反発を買うと思う。興味本位に語るな、と。しかし、鳶魚や増田がしめした筋途は、検討にあたいする。

とにかく、義経の容姿が美しくなっていくのは、室町時代からであった。そして、室町期に成立した能や幸若舞は、美少年を数多くかかえている。さらに、義経を主役とする演目も、たくさんつくっていた。義経の美化を室町芸能へ関連づける把握には、一定の説得力があると考える。

「眉目もいつくしい者、笛も上手」

ねんのため、義経、牛若をとりあげたいくつかの室町芸能を見ておこう。とくに、幸若舞のほうは、ていねいに検討しておきたい。

幸若舞は室町時代のおわりごろから、武士のあいだで流行した。たとえば、織田信長が桶狭間で合戦へのぞむ前に、『敦盛』を舞ったという(1560年)。「人間五十年……」というくだりを、家来の前で披露したらしい。戦国史のひいき筋なら、誰もが知る名場面である。

16歳で熊谷直実(くまがいなおざね)に討たれた平敦盛(たいらのあつもり)をモデルにした能面。 「能面/十六」「天下一河内」焼印 江戸時代・17世紀
Image via Colbase

あの『敦盛』も、幸若舞のひとつにほかならない。

話をもとへもどす。幸若舞に『未来記』という演目がある。鞍馬山の奥で、天狗が牛若へその未来をつたえるという筋立てになっている。いずれ義経と名のるだろう相手へ、天狗はこんな予言を聞かせていた。

「金容を現し、箕裘(ききゅう)の家を継ぐべきなり」(『新日本古典文学大系 59』 1994年)。あなたは、神々しいまでに美しい顔立ちをあらわし、父の遺業をつぐはずだ、と。

『烏帽子折』という曲も、牛若の美貌を特筆した。たとえば、吉次という金商人に牛若との同伴を、こうためらわせている。「御身がやうになまめひたる若き人を、徒歩にし路次を連れむずるが大事」(同前)。あなたのような若々しく、品もある人をつれ歩くのは問題だ、と。

また、牛若の笛を聴いた浜千鳥の局にも、語らせていた。牛若は「眉目もいつくしい者、笛も上手」だ、と(同前)。笛も容姿も、すばらしかったという説明に、彼女のせりふはなっている。

江戸後期の浮世絵師・鳥居清長が描いた、笛を吹く牛若と浄瑠璃姫 ‘Ushiwaka serenading Jururihimi, daughter of Kiichi Hogen. Lef-hand sheet of a triptych’ by Torii Kiyonaga.
Image via New York Public Library

出っ歯の猿眼、さらに赤髭

しかし、すべての幸若舞が、義経を美しい人だとしていたわけではない。『未来記』や『鳥帽子折』は、その美貌をみとめていた。だが、それとは逆の義経像をあらわす曲目もある。たとえば、『富樫(とがし)』や『笈捜(おいさがし)』に登場する義経は、けっして美しくない。むしろ、みにくくえがかれている。

どちらも、義経の逃避行をテーマとする作品である。舞台の義経は、北陸へにげるおたずね者になっていた。『富樫』は、追手側のしるした人相書を、山道の童児にしゃべらせている。

「向歯反(むかふばそ)つて、猿眼(さるまなこ)、小鬢(こびん)の髪の縮むで……」、と(同前)。

『平家物語』と同じで、出っ歯を強調している。猿眼は、猿のように目がくぼんでいる状態をさす。現代語の奥目にあたる言葉である。あるいは、赤く血走った目を猿眼とよぶこともあった。どちらにしろ、いい意味ではない。義経は、出っ歯の奥目、あるいは赤目と、容姿を見くびられている。おまけに、ちぢれ毛とも言われていた。

『笈捜』で、義経らは越後の浜辺に宿をとっている。宿の主人である直江太郎は、一行のひとりを義経かと、うたがった。ここに、太郎が義経へ言いはなった文句をひいておく。

「判官殿と申は……向歯そって猿眼、赤髭にましますと承り候が……御坊の形相、ちつとも違ひ申さず。判官殿にをゐては、疑う所なし。早ゝ御出候へ。鎌倉へ御供申さむ」(同前)

義経のことは、出っ歯の猿眼、さらに赤髭だと聞いている。そう当人の前で、宿の主人はつげていた。『富樫』のしるす「髪の縮」みが、「赤髭」となっている点に、両者のちがいはある。しかし、容貌をむごくえがいているところは、かわらない。

おまけに、主人は義経の前で言いきった。出っ歯、猿眼、赤髭という伝聞が、自分にはとどいている。そして、その風評とあなたは、「ちつとも違」わない。あなたこそ、義経であろう、と。

けっきょく、義経はこういう追及からのがれきる。あれこれ言いつくろい、自分は義経じゃあないと、その場をとりつくろう。『笈捜』の演劇的な見所も、おいつめる側とかわす側のそんなやりとりにある。

だが、容貌論に主眼をおく私は、そこをほりさげない。とにかく、『笈捜』は義経当人を醜男(ぶおとこ)だとした上で、話をすすめている。出っ歯や猿眼などといった特徴を、手配書や風説だけの伝聞情報にはしていない。このひどい指摘は、目前の当人じしんにもあてはまる。そう主人のせりふで、書ききった点を、重視する。

出っ歯説にくみしたのも、脱走の場面だけ

三田村鳶魚は言う、義経を美しい武将にしたてたのは幸若舞である。舞で義経を演じる美少年たちが、よってたかって彼を美しくかがやかせていった。ついには、国民的な義経像もかえている、と。だが、幸若舞にも、義経をぶさいくな男として登場させる演目はある。鳶魚の指摘には、その点でひっかかる。

もっとも、出っ歯の義経がでてくるのは、奥州へむかう脱出劇の部分にかぎられる。元服前後までの若い義経、牛若を登場させる幸若舞は、彼の美化につくしていた。そう言えば、『義経記』が出っ歯説にくみしたのも、脱走の場面だけである。少年時代の牛若については、ひたすら美貌ぶりを強調した。

幸若舞が美少年たちへ、義経の全生涯にわたる役柄をあてがったわけではないだろう。美童たちへゆだねた配役は、元服するころまでの義経にかぎられた。弁慶とであうあたりまでの義経役は、もっぱら彼らにまかされたのだと思う。

鳶魚の指摘は、だから若いころの義経像についてなら、あてはまりうる。少年義経に関するかぎり、彼の言うようなことがあった可能性は高い。ただ、義経を美化する幸若舞のからくりは、晩年の彼をおきざりにした。『平家物語』の出っ歯説が、脱走譚のほうへまわされたのも、そのためではないか。

義経が奥州をめざし、北陸へにげたのは1186年末から翌年はじめのころである。1159年生まれの義経は、三十歳近くになっていた。平安末期なら、いや室町後期でも、りっぱな中年である。もう、少年美がうんぬんされるような年ではない。その役柄が、幸若舞のスター的な美童へまわってくることは、なかったろう。

『義経記』も少年時代の義経だけを、美しくあらわした。奥州へにげようとする義経には、出っ歯という面貌をあてはめている。若い義経と三十手前の義経には、ルックスの一貫性がない。前にものべたが、編集上のふてぎわはあったのだと思う

しかし、『義経記』の書き手にも、幸若舞の演出家と同じ想いはあったろう。ヒーローである義経の牛若時代は、なんとしても美貌の少年としてえがきたい。だが、大人となり中年をむかえたころの義経にたいしては、その意欲がわかなかった。

この差も、三十歳をむかえる義経と、十歳台なかばの牛若に関する表現をわけただろう。編集上の失敗は、そんな事情もあって生じたのではないか。幸若舞の『鳥帽子折』と『笈捜』は、義経の容貌描写で分断されている。そのあいだに横たわる溝は、『義経記』の前半と後半をもへだてたと考える。

時代は新しくなるが、あえて書く。多くの日本人は二宮金次郎を、かわいい少年であったと想いやすい。絵本やブロンズの金次郎像も、たいてい愛らしく表現されている。しかし、大人の二宮尊徳に美しくあってほしいというねがいは、いだかない。牛若、義経をめぐっても、想像力が同じように分散して作動したのではないか。

さて、能である。能にも義経をとりあげた作品は、たくさんある。『橋弁慶』をはじめ、美少年としての牛若像をおしだす演目も、少なくない。増田正造も言うとおり、能の義経像もイメージの美化には貢献しただろう。

また、能には出っ歯や猿眼の義経を前面へおしだす曲が、見あたらない。こちらは、中年の義経もふくめ、悪くはえがいてこなかったようである。

ジャンルで探す