源義経は楊貴妃に匹敵する美形か、ひどい出っ歯か。くいちがう容貌の描かれ方

‘Minamoto no Yoshitsune in harnas’, by Utagawa Kunisada(一部)
Image via Rijksmuseum Amsterdam
英雄は勇ましく猛々しい……ってホンマ? 日本の英雄は、しばしば伝説のなかに美少年として描かれる。ヤマトタケルや牛若丸、女装姿で敵を翻弄する物語を人びとは愛し、語り継いできた。そこに見た日本人の精神性を『京都ぎらい』『美人論』の井上章一さんが解き明かす本連載。第3回は「出っ歯とそしられて」、前回に引き続き「牛若」を取り上げる。

* * * * * * *

河鍋暁斎が描いた鞍馬天狗と牛若丸、月岡芳年が描いた壇ノ浦

前回●義経を女装者にしたてたのは誰か。僧侶たちにも天狗にも…

平家の打倒を念じつづけて

源義経の伝説は、その多くが『義経記』に由来する。ひきつづき、この読み物によりそって、義経の物語を追いかけたい。

自分の使命は、平家をたおすことにある。鞍馬寺にあずけられた牛若は、そう考えだした。東光坊の阿闍梨は、これをいさめようとする。寺の面々ともはかり、牛若の剃髪をいそがせようとした。

だが、牛若はうけつけない。僧侶にはなりたくないと言う。見かねて、覚日坊の律師は、やはり鞍馬寺の住職だが、助け船をだす。牛若は自分があずかろう。自分の庵は、はずれにある。人もあまりこない。のぼせた頭をひやすには、うってつけの場所である。そう寺僧たちにもつげて、牛若をひきとった。

覚日坊のもとで、牛若は遮那王(しゃなおう)と名前をかえている。しかし、いちどめざめた少年の野望は、なくならない。あいかわらず、平家の打倒を念じつづけることになる。

そんな遮那王を鞍馬で見かけて、吉次信高は、京都の商人だが、おどろいた。なんて美しい稚児なんだ。どなたのお子様だろう、と。「あら美しの御児(おんちご)や。如何(いか)なる人の君達やらん」(岩波文庫 1939年)。『義経記』には、吉次の感銘ぶりが、そうしるされている。

この吉次に、遮那王は身の上をつげた。自分は源義朝の子である、と。

聞かされ、吉次は考えをめぐらせた。以前より、奥州平泉の藤原秀衡(ひでひら)から、たのまれている。源氏の嫡流となる子弟の、知遇をえたい。いい人材がいれば紹介してくれ、と。そして、遮那王は源氏の直系であるという。ちょうどいい。この子を秀衡にあわせようと、もくろみだす。

奥州藤原氏のもとへ、いっしょにいかないか。そう吉次からさそわれ、遮那王はとびついた。彼らとの連携が、平家打倒への第一歩になるかもしれないと、考えたせいである。

写真を拡大 瀬田は琵琶湖の最南端に位置している。古い文献には勢多とある。瀬田という表記でかためられたのは、近代以後かもしれない。東日本と西日本をむすぶ要衝でもある。瀬田川にかかる橋は、壬申の乱をはじめいくたの内乱で攻防の対象となった。瀬田をすぎれば、もう東国へむけて第一歩をふみだしたことになったのだろう

鏡の宿で盗賊におそわれる

こうして、遮那王は鞍馬を出奔した。吉次につれられ、東国へむかっていく。そのとちゅう、瀬田の唐橋をこえたところで、彼らは宿をとる。遊女たちもすまう、鏡の宿というところに投宿した。宿の主人は遮那王の美しさにおどろき、吉次へつげている。

あなたは、よくここへとまってくれる。だが、「是程美(いつく)しき児(ちご)具し奉りたる事、是ぞ初なり」(同前)。これほどきれいな子といっしょにたちよったのは、はじめてだ。あれは、いったい誰なのか。そういぶかしがっている。

このように、『義経記』は、随所で牛若、遮那王の美貌を書きたてた。なかでも、きわだつのは、鏡の宿で盗賊におそわれた時の描写である。

吉次一行の滞在は、あたりの野盗をざわつかせた。金目の品々を、たくさんもちはこんでいるとみなされたからである。盗賊たちはチームをつくり、夜陰にまぎれ宿のなかへおしいった。

稚児姿のまま寝ている遮那王のそばも、とおっている。だが、この少年をおそおうとはしていない。彼らは遮那王を、吉次一行のひとりだと思わなかった。たいそう美しかったので、宿の遊女だと判断したのである。

窃盗団の脳裏へ、その時うかんだ想いを、『義経記』はつぎのように表現する。

「玄宗皇帝の代なりせば、楊貴妃とも謂(いひ)つ(べ)し。漢の武帝の時ならば、李夫人かとも疑ふべし。傾城と心得て、屏風に押纏ひてぞ通りける」(同前)。楊貴妃など中国を代表する歴史上の美女に、彼らは目前の少年をなぞらえた。そのうえで、遊女のひとりだと見あやまり、寝たままにさせておく。

ほかにも、彼らは松浦佐用姫(まつらさよひめ)へ、想いをはせている。『万葉集』にうたわれた美しい姿を、脳裏へよぎらせた。野盗にしては教養のありすぎるところが、やや気になる。しかし、そこは問うまい。とにかく、彼らは和漢の代表的な美女たちを、遮那王の寝姿で想起した。

「『賢女烈婦伝』松浦佐用姫」(歌川国芳・画)
Image via The British Library 

義経は女装作戦も辞さない戦士へと変貌した

女のふりをして、強盗たちをゆだんさせよう。そんな計画を、はじめから遮那王がいだいていたわけではない。だが、結果的にその美しさは、彼らの気をゆるませている。相手の警戒心をとくことに、一定の効果をおさめていた。

自分を遊女だと誤認して、その場を通過する。そんな侵入者たちに、遮那王はおそいかかっている。みごとな剣さばきも披露した。斬りかかられた相手の頭目も、思わず口走っている。「女かと思ひたれば、世に剛なる人にてありける」か、と(同前)。

けっきょく、遮那王は盗賊の首領を斬りすてた。副将格の男も、たおしている。意図的な女装作戦で、勝利をつかんだわけではない。しかし、その決着は、敵に女だと誤認される過程をへたうえで、もたらされた。

『義経記』の義経は、清水寺で弁慶をやりこめている。そのさいは、作為的に女装をこころみた。弁慶をとまどわせる手だてとして、女物の衣服をまとっている。

鏡の宿で、女となることの効用を、ぐうぜん発見した。そこでついた知恵を、弁慶とのいさかいにも応用したのだと、『義経記』は書いていない。しかし、武闘の前に女と思わせる姿を見せている点で、ふたつのエピソードはつうじあう。対弁慶戦までに、義経は女装作戦も辞さない戦士へと変貌した。そう読みとく余地はある。

「『牛若図会』五條のはし千人ぎり」(歌川広重・画)Image via Art Institute of Chicago 

少年が女になりすまし、敵と対峙する。女装で、相手が注意をおこたるようにしむけ、寝首をかく。そんな若い英雄の話は、記紀にも書きとめられている。クマソの首長を亡き者としたヤマトタケルの物語が、それである。

『義紀記』の牛若、遮那王にも、これとひびきあうところがある。ヤマトタケル伝説の変化形めいた一面が、ないではない。そのことは、のちにヤマトタケルを論じるところで、あらためてふりかえる。

その前に、今いちど『義経記』の記述を検討しておこう。この作品は、くりかえすが、物語のそこかしこで、主人公を美化していた。とりわけ、その前半でさまざまな登場人物に、言わせている。牛若はきれいだ。遮那王には、うっとりさせられる、と。楊貴妃をしのばせる少年としてさえ、えがいていた。だが、物語の後半には、そんな人物設定をうらぎる叙述も、顔をだす。

色白だが、歯はでていた

武勲のある義経を、兄の源頼朝はうたがった。謀叛(むほん)をおこすかもしれない、と。のみならず、その追討にもふみきっている。各地関所へは、その人相がしめされた手配書をとどけていた。

『義経記』によれば、愛発(あらち)の山でも関所の小屋がこしらえられたという。そして、関守たちはあやしい通行者を、かたっぱしからひっとらえた。人相書のつたえる「色も白く向歯(むかば)の反りたる」者たちを、捕縛している(同前)。

向歯という言葉は、上の前歯をさしていた。それが「反(そ)りたる」男は、うたがわしい。義経である可能性がある。そう手配書にはしるされていた。つまり、義経は出っ歯だったというのである。話の前半では、圧倒的な美少年だったはずなのに。

色白だが、歯はでていた。この書きぶりは、『義経記』より古い軍記物に、よく見かける。たとえば、『平家物語』にもそうある。

平家は、1185年に壇ノ浦の合戦で、義経がひきいた軍勢に敗北した。そのクライマックスをむかえる前に、平家の将兵は語りあっている。敵をひきいる義経は、どんなやつなんだ、と。そのおりに、義経の評判を知る越中次郎兵衛は、こう同僚へつたえていた。

「色しろう、せいちいさきが、むかばのことにさし出でて、しるかんなるぞ」(岩波文庫 1939年)。色白で背はひくく、出っ歯がひどくて、すぐそれとわかる男だ、と。『平家物語』は、これ以外のところで、義経の容姿に言及していない。「むかば」が「ことにさし出て」いる。この古典は、以上のようにしか義経の顔を語らなかった。

『源平盛衰記』にも、越中次郎兵衛の発言は、おさめられている。「面長うして身短く、色白うして歯でたり」、と(『新定源平盛衰記 第六巻』1991年)。同じように、出っ歯であったという。『義経記』に先行する軍記の代表的な二編は、どちらもそう書いている。

平家のいちばんクズより、見おとりがする

『源平盛衰記』には、「容貌優美にして、進退優なり」という義経評もあった。1183年10月の記述が、そうなっている。しかし、このくだりはほめるいっぽうで、反対にくさしてもいた。「平家の中の選り屑といひし人にだにも及ばねば」(同前 第五巻 1991年)。義経にエレガンスはない。平家のいちばんクズより、見おとりがする、と。

『平治物語』に、出っ歯うんぬんという記述はない。それでも、父の源義朝を知るという陸奥の女から、義経はつげられた。「故左馬頭殿を、幼き目にも、よき男かなと見たてまつりしが、似悪くおはす」(角川ソフィア文庫 2016年)。自分はハンサムだったお前の父と、おさないころにあっている。だが、お前はその父親に似ていない、と。

そのすぐあとに、『平治物語』は、やや肯定的な義経評もおさめている。初対面の藤原秀衡からは、こう言われてもいたという。「見目よき冠者殿なれば」、と(同前)。

なお、『平治物語』には、義経の東国行きとかかわる記述をおさめないものもある。おそらく、古いテクストには収録されていなかったのだろう。あとになって、つけくわえられた部分だと考える。

しかし、その追加分も義経を圧倒的な美形としては、位置づけていない。ルックスでは並、よくても並の上ぐらいに、とらえている。『平家物語』や『源平盛衰記』などは、もっとランクを下げていた。色白だが出っ歯というのが、とおり相場になっている。なかでも、『平家物語』は、ひどい出っ歯だというのである。

あとで成立した『義経記』も、物語の後半にこれらをとりいれた。「色も白く向歯の反りたる」人相は、『平家物語』などを典拠としていたろう。

だが、同時に『義経記』は、義経を超越的な美少年にしたててもいた。あまりに美しいので、盗賊たちも女だと見あやまる。楊貴妃や李夫人に匹敵する美形の持ち主としても、登場させていたのである。

美男子化を急ぐ義経物語と、そうでない義経物語

前半の楊貴妃なみという形容は、後半の出っ歯説と、あからさまにくいちがう。この矛盾を、われわれはどううけとめればいいのだろうか。

この問題と正面からむきあった国文学の研究は、あまりない。私の目にとまったのは、角川源義の解説だけである。

角川は言う。『義経記』は先行する諸文献をあつめて、なりたった。だが、編集はうまくいっていない。たがいに矛盾する話をならべてしまう「不手ぎわ」が、見てとれる。「美男子化を急ぐ義経物語とそうでない義経物語」が、「同居」したのはそのためだ、と(角川源義、高田実『源義経』1966年)。

たしかに、そういうところはあった。かたいっぽうで美形だと書き、もういっぽうで出っ歯だと言ってしまう。描写の矛盾が、解消されていない。そのまま放置されている。編集上の「不手ぎわ」が指摘されても、しようがないだろう。

しかし、それはただの「不手ぎわ」でしかなかったのか。その点に、私は疑問をいだいている。「不手ぎわ」の背景には、それをささえる文化的な事情もあったと、考えてきた。

次回からは、そこへもわけいりたい。義経の顔には、よりいっそうこだわっていくつもりである。

ジャンルで探す