義経を女装者にしたてたのは誰か。僧侶たちにも天狗にも…「鞍馬のアイドル」として愛された美少年

「牛若」松本楓湖筆、明治時代19世紀、絹本着色(一部)。出典:東京国立博物館/ColBase(https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/A-307?locale=ja)
英雄は勇ましく猛々しい……ってホンマ? 日本の英雄は、しばしば伝説のなかに美少年として描かれる。ヤマトタケルや牛若丸、女装姿で敵を翻弄する物語を人びとは愛し、語り継いできた。そこに見た日本人の精神性を『京都ぎらい』『美人論』の井上章一さんが解き明かす本連載。第2回は「鞍馬のアイドル」、前回に引き続き「牛若」を取り上げる。

* * * * * * *

人形に、絵画に…描かれた牛若の姿

前回●女に見まごう美少年・源義経。つわものの弁慶が家来になった理由

武蔵坊弁慶と源義経、対決の場は

武蔵坊弁慶は、京都で源義経とであい、対決した。薙刀(なぎなた)もつきつけている。だが、義経にはかなわない。負けをみとめた弁慶は、その家来になっている。

こういう話を、比較的はやく書きとめた読み物に、『義経記(ぎけいき)』がある。義経の一代記である。室町時代の初期から中期にかけて、まとめられた。編纂の過程は不明である。14世紀のなかば以後にととのえられたらしいことしか、わかっていない。

義経は1159年に生まれ、1189年になくなった。弁慶との出会いは、虚構だが、1170年代あたりとなろう。その百数十年から二百年ほど後に、『義経記』はできている。遭遇と決闘の物語も、それに近い歳月をへてなりたったのだと、みなしうる。

しかし、『義経記』はその場所を五条橋にしていない。べつの舞台を設定した。初対面には五条天神、そしていさかいには清水寺をあてている。

どちらも、五条通にある。ただし、今の五条通ではない。豊臣秀吉の都市改造以前は、現在の松原通が五条通になっていた。五条天神は、だから今日、松原通に面している。清水寺も、同じ松原通の延長線上、清水坂の東奥にそびえたつ。

かつての五条橋、つまり今の松原橋は五条天神と清水寺をむすぶ道のなかほどにある。『義経記』がつたえる出会いの場と対決の場は、五条橋から、ほぼ等距離に立地する。五条橋という後世の伝承は、両者のちょうどまんなかへ、話を集約させたことになる。

写真を拡大
かつては、今の松原通が五条通となっていた。この五条通を南へうつさせたのは豊臣秀吉である。今日、松原通西洞院にある天神社は、それでも五条天神と称される。秀吉以前の地名をたもっているのである。なお、源平合戦の時代に旧五条橋があったかどうかは、さだかでない

弁慶と義経の物語は、御伽(おとぎ)草子の『弁慶物語』にもしるされている。そして、この読み物は、対決の場所を三ヵ所あげていた。北野天満宮、法勝寺、そして清水寺の三地点である。さらに、第四の場所も、最終的な決着地としてもちだした。「五条の橋の真中」が、それであるという(『新日本古典文学大系 55』1992年)。

能の『橋弁慶』は、五条橋以外の決闘地をしめさない。「京の五条の橋の上」と、近代の唱歌はうたいあげている。あの光景は、『橋弁慶』にねざしているようである。

『弁慶物語』や『橋弁慶』の成り立ちは、藪のなかにある。いつ、誰が、どうしあげたのかは、たどれない。室町時代の作品だということだけが、今はわかっている。

後世の文芸は、たたかいの場所を五条橋へかぎるようになっていく。『橋弁慶』の舞台設定ばかりを、語りついでいった。『橋弁慶』は能の演目である。ひんぱんに、上演されてきた。そのつみかさねが、多くの日本人に五条橋を強く印象づけたのかもしれない。

しかし、『義経記』も今にいたるまで、読まれてきた。この物語がしめす清水寺や五条天神も、のちのちまで伝承されて、よかったはずである。にもかかわらず、後へつづく時代は五条橋を特権化していった。この橋が清水寺と五条天神の中間点に位置したことは、やはり大きな意味をもったのか。

あとひとつ、橋という場所そのものが物語を生みやすいことも、あなどれまい。とりわけ、出会いと別れに関するそれは、しばしば橋を舞台にくりひろげられてきた。詳述はさけるが、弁慶と義経に関しても、その象徴的な機能ははたらいたのだと思う。

「牛若」(松本楓湖筆、明治時代19世紀、絹本着色) 楓湖は幕末から大正時代まで活躍した画家。歴史的人物をとりあげた「歴史画」で知られる。京都五条大橋での牛若と弁慶との対峙を描く。出典:東京国立博物館/ColBase(https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/A-307?locale=ja)

弁慶をとまどわせる作戦か、からかういたずらか

さて、『義経記』である。物語の義経は、五条天神で弁慶とであい、武芸のほどを察知した。自分より腕はおとるだろう。それでも、なかなかの使い手だと、見ぬいている。さらに、あいつなら家来にしてもいいと考えた。そう想いをめぐらせだした時に、ふたたび清水寺で弁慶を見かけている。

そのすぐ後なのである。義経が、わざわざ女になりすまして、弁慶のそばへ歩みよったのは。「只今までは男にておはしつるが、女の装束にて衣(きぬ)打被(かず)き居給ひ」。『義経記』には、そうある(『岩波文庫』1939年)。弁慶をとまどわせる作戦ではあった。あるいは、相手をからかういたずらか。

『橋弁慶』は、五条橋で弁慶とやりあう相手を、牛若の名で登場させている。牛若丸にはしていない。このころは、まだ牛若のほうが一般的だった。いずれにせよ、『橋弁慶』は、弁慶を元服前の少年と対峙させている。

その設定は、元服後の義経にむきあわせた『義経記』とくいちがう。ただ、『橋弁慶』も牛若には、以下のとおり女装をさせていた。その点は、『義経記』と、かわらない。

橋の上で、『橋弁慶』の牛若は弁慶を見かけた。そのあとすぐ、「薄衣(うすぎぬ)猶(なほ)も引き被き。傍(かたわら)に寄り添ひ佇(たたず)」んでいる(『謡曲大観 第四巻』1931年)。女装をしたまま、弁慶のそばへよりそったという。うろたえる相手をながめながら、牛若はほくそえむ。「かれをなぶって見ん」、と(同前)。

義経を女装者にしたてたのは、室町時代の物語作者たち

『弁慶物語』で、両者がはじめて対面したのは北野天満宮である。その時義経は、御曹子や牛若としるされた箇所もあるが、やはり女の姿になっていた。「薄衣取ってうちかつ」ぐ姿で、弁慶とは対面しあっている(前掲『新日本古典文学大系 55』)。

ただし、物語の弁慶は、あまり動揺していない。逆に、あれこそ「音に聞く牛若殿にてあるらん」と、気づいている(同前)。その点で、『義経記』や『橋弁慶』とは、ことなるところがある。

しかし、『弁慶物語』も義経を女装者にしたてていた。そして、今紹介した三作品より前に、彼へそんな人物像をあてがった文芸はない。先行する『平家物語』や『源平盛衰記』は、そういうふうにえがいてこなかった。被衣(かつぎ)、つまり女性の外出着を身につけ、往来を歩く。義経をそんな人物にしてしまったのは、室町時代の物語作者たちなのである。

もっとも、室町期の弁慶は相手の女装でうっとりとは、していない。美貌にときめいたりもしなかった。『義経記』や『橋弁慶』の弁慶は、ただためらっただけである。『弁慶物語』の場合は、そういう反応さえしめしていない。

弁慶は義経の美しさに、魂をうばわれた。そんな解釈が浮上しだすのは、江戸時代のなかごろになってからである。

ねんのため、のべておく。『弁慶物語』には、いくつかの写本がある。その多くを、私は読んでいない。ただ、江戸初期のいわゆる元和写本は活字化されており、目をとおすことができた。元和7年、1621年の写本である。

こちらには、室町期の同じ作品と、趣向のちがうところがある。たとえば、弁慶が義経の美しさに賛嘆をおしまぬくだりも、新しく挿入されていた。

「東の源九郎義経成共、是程いつくしき事は、よもあらし」(『室町時代物語大成 第12』1984年)。あそこに、美しい少年がいる。でも、義経は東国の人である。あんなにかわいいわけがないという。だが、じっさいには、その美少年こそが義経であった。物語は弁慶のひとりごとで、義経の美しさを読み手につたえようとする。

同じ『弁慶物語』が、17世紀前半の写本では、義経像をかえている。あるいは、弁慶のいだく義経観を、変更させていた。義経の美貌では、強く心をゆさぶられるようになっている。

だが、17世紀初頭の弁慶は、まだ義経に恋心をいだいていない。そういう同性愛めいた感情がとりざたされるのは、もう少しあとになってからである。ともかくも、室町時代の弁慶に義経愛のゲイ的な心模様を読みとくのは、困難である。

とはいえ、室町期の義経が、男心をそそらなかったわけでは、けっしてない。『義経記』には、そのことを強くしのばせる記述もある。弁慶との出会いからははなれるが、つぎにそちらへ目をむけよう。

美少年の髪をそってしまうのは、かわいそうだ

義経がおさないころに鞍馬寺で修行をしたという話は、よく知られる。史実かどうかはわからないが、そういうことになっている。『義経記』も、牛若が鞍馬寺に学んだことは、大きくとりあげた。

寺で牛若の身元をひきうけたのは、東光坊の阿闍梨(あじゃり)である。そして、東光坊は彼の向学心や美貌に感心した。「学問の精(せい)と申し、心ざま眉目容(みめかたち)類(るゐ)なくおはしければ」、と(前掲『岩波文庫』)。

そんな牛若も物心がつき、自身の出自を認識するようになっていく。源氏の嫡流という自覚も、できた。平家打倒の意欲もたかぶらせる。武術の稽古にも、かくれてはげみだした。

それに気づいた東光坊は、牛若を受戒させ、正式に仏門へいれようとする。あの子を、剣の道へすすませてはいけない。すぐにでも、頭をそらせよう。同僚の寺僧たちにも、そうふれまわった。

この提案を聞かされ、良智坊の阿闍梨は、鞍馬寺の同僚だが、言いかえす。「容顔世に超えておはすれば、今年の受戒いたはしくこそおはすれ。明年の春の頃剃り参らさせ給へ」、と(同前)。

あんな美少年の髪をそってしまうのは、かわいそうだ。せめて、来年の春まで、その時期をのばせないかと、こたえている。だが、東光坊は、この反論をうけいれない。当初の方針どおり、牛若の受戒をいそがせようとする。

ただ、良智坊の応答を、全面的には否定していない。以下のように、いっぽうでは共鳴の意もあらわしている。

「誰も御名残(おんなごり)はさこそと思ひ候(そうら)へども……」(同前)。美しい牛若の毛をそるのは、たしかにいたわしい。寺の誰もが、そう思っている。そのことをみとめたうえで、なお東光坊は良智坊をさとそうとする。やはり、剃髪はいそがねばならない、と。

みんな、牛若の美貌をおしんでいた。あれほどきれいな子を、今僧侶にするのはもったいないと感じている。この想いは受戒に急な東光坊でさえ、わかちあっていたのである。

僧侶たちからあこがれられ、天狗に熱愛をつげられ

かつての寺院には、女人禁制という戒律があった。そのため、僧侶たちの性愛は寺の稚児(ちご)へむかうようになる。寺がかかえる、髪はまだそらない少年たちを、しばしばその対象にした。だが、そんな少年たちも十歳台のなかばすぎには元服する。髪をそり、本格的に僧侶となる途を歩みだす。

ただ、容貌にひいでた稚児は、しばしばその時期がおくらされた。美少年の場合は、髪の長い期間が延長されやすくなる。美しい稚児姿がなごりおしい。もう少し、かわいがりつづけたいという思惑が、優先された。

こうした事情で受戒の遅延がみとめられた稚児を、大稚児(おおちご)という。そして、『義経記』の牛若には、そうなってほしいという期待がよせられていた。いわゆる男色の、アイドルめいた輿望を、牛若はになっていたのである。

寺院の少年たちは、しばしば男色の相手をさせられた。師にあたる僧から愛されている。しかし、『義経記』は牛若を、そういう一般的な稚児としてえがかない。愛される度合いがより強い、大稚児の可能性も秘めた美少年として、登場させていた。

鞍馬山で、牛若は天狗から武術をまなんだとする伝承がある。この話も、室町時代に形成された。もちろん、フィクションである。だが、能や幸若舞(こうわかまい)、そして御伽草子などに、そうしるしたものはある。なかでも、能の『鞍馬天狗』は、両者のかかわりに焦点をあてた作品として知られる。いっぱんには、宮増の作だとされている。世阿弥が書いたとする説もある。それらの当否はわからない。

興味深いのは、劇中の大天狗が牛若に恋の告白をしているところである。

「能面/大癋見」(室町時代・15~16世紀、木造、彩色)『鞍馬天狗(くらまてんぐ)』では、牛若丸の守護を約束する天狗の役に用いる。 出典:ColBase(https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/C-25?locale=ja)

自分は、もう年老いた。あなたを想うことも、物笑いの種になるだろう。でも、老人だというだけで、邪険にはしてくれるな。まだ、あなたとは、それほどしたしくなれていない。だが、恋心はつのる。それが、くやしい。「馴(な)れはまさらで恋のまさらん悔しさよ」(『謡曲大観 第2巻』1930年)。老天狗は、そう牛若にうちあけていた。

『義経記』では、僧侶たちからあこがれられている。『鞍馬天狗』では、天狗に熱愛をつげられた。室町文芸は、牛若を男色文化の花形へと、つくりかえていく。

この時代が浮上させたのは、女装者としてのキャラクターだけにかぎらない。男色方面でも、新しい人物造形はほどこされていくのである。

※次回の配信は8月25日(水)予定です

ジャンルで探す