「セイコー 5スポーツ」のブランド創世期のデザインを踏襲した限定モデルが登場!

ブランド誕生から50年以上が経過しながら、現在も日本国内のみならず世界中の時計ファンに愛されている「セイコー 5スポーツ」。コラボレーションを含めた多彩なデザインに加え、高い信頼性を備えながらもそのほとんどが入手しやすい価格になっているなど、魅力的なポイントが多いコレクションとして広く認知されています。

7月6日に発売が開始される最新モデル「<セイコー 5スポーツ>ヘリテージデザイン復刻 限定モデル」(5万9400円)は、ブランド創世期の1968年~1970年代前半にかけて高い人気を獲得した代表的なモデルを復刻。発売当時の大きさや形状を可能な限り再現しながら現代の技術をバランスよく取り入れた、シンプルながらも味わい深い雰囲気を携えたタイムピースです。

昨年7月に発売されて好評を博した「セイコー 5スポーツ55周年記念 初代5スポーツ復刻デザイン 限定モデル」に続く今回の復刻モデルは、初代5スポーツとほぼ同じ時期に登場したコレクションがモチーフ。

インデックスとベゼルのデザイン、ダイヤルカラーもブラックとシルバーの2色展開と、初代5スポーツとは若干異なっているのが特徴です。

時計ケースの騎乗や大きさ、12時位置の“5”のマークやブレスレットのデザイン、さらに付け替え用レザーストラップと時計を収めるボックスのデザインも当時の雰囲気を踏襲するなど、随所にオリジナルデザインを色濃く受け継いだ仕様となっています。

ムーブメントは現代仕様にブラッシュアップされ、コレクションの定番となっている機械式ムーブメント(自動巻・手巻付き)・キャリバー4R36を搭載。

表示機能は時分秒と3時位置に配されたカレンダー(日付と曜日)とシンプル。秒針停止機能も備わり、スムーズな時刻合わせをサポートします。

パワーリザーブは最大約41時間、24石、日差+45秒~ー35秒と、長時間に渡り安定した駆動で時を刻みます。

時計ケースとブレスレットはステンレススチール製で、ケースサイズは縦44.8×横38.5×厚さ12.4mm、重さは142g。

日常生活用強化防水(10気圧)と耐磁性を有しています。風防はカーブカットガラスで、時分秒針とインデックス、ベゼル(回転仕様)の12時位置には蓄光(ルミブライト)を施工。

ねじ込み式のケースバックには、スペックとともに世界限定9999本販売(国内では999本販売)の限定仕様であることを示す「LIMITED EDITION」の文字とシリアルナンバーが刻まれます。

ビジネスからプライベートまでシーンを問わず装着できる取り回しの良さに加え、手頃な価格ながらコレクターアイテムとしての価値も備えているなど、見所の多さが際立つ「セイコー 5スポーツ」の復活モデル。手に入れてみてはいかが?

>> セイコー「<セイコー 5スポーツ>ヘリテージデザイン復刻 限定モデル」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆1969年発売モデルがモチーフ。多列ブレスレットも美しい「キングセイコー」新作
◆雨に濡れた夜の銀座をダイヤルに落とし込んだグランドセイコー銀座限定モデル
◆夏の穂高連峰を“光学多層コーティング”で再現するグランドセイコー限定クロノグラフ

ジャンルで探す