チタンの色と質感、そして軽さが着ける悦びを喚起するオリエントスターの新作ダイバーズ

エプソンの人気ウォッチブランド・Orient Star(オリエントスター)より、新作ダイバーズ「M42 ダイバー1964 2ndエディション F6 デイト 200m チタン」(17万6000円)が10月26日に登場します。

オリオン大星雲“M42”をその名に冠した新コレクションは、1964年発表の名作「カレンダーオートオリエント」のデザイン要素を再解釈。ダイバーズウォッチの国際規格であるISO 6425に準拠するなど、スポーティでアクティブな雰囲気を漂わせる一本に仕上げられています。

時計ケースとブレスレットの素材には、軽量性と堅牢性を兼ね備えたチタンを採用。表面に硬化処理を施し、耐摩耗性が向上しています。グレートーンを基調に艶を抑えた色味と筋目加工による風合い、チタン素材ならではの質感が道具感を演出。文字板や回転ベゼルの表示板にもマットなグレーを取り入れ、針にも艶消しと筋目加工を施すなど、ステンレススチールとは異なる印象を作り出すとともに、アクティブなシーンでの映えが際立つデザインとなっています。

ねじ込み式りゅうずとスクリューバック、逆回転防止構造を有した回転式ベゼル、ダイバーズウォッチの国際規格であるISO 6425に準拠した200mスキューバ潜水用防水と、ダイバーズに求められる堅牢性はもちろん万全です。

無反射コーティングを施した両球面サファイアクリスタルの風防が、クリアな視界を確保。ルミナスライトとインデックス、時分秒針への夜光塗料の塗布により、夜間や暗所でもスムーズに時刻を確認できます。

心臓部となるムーブメントは、機械式(自動巻き、手巻付き)の自社製ムーブメント、キャリバーF6N47を搭載。日差+25秒~-15秒の安定した高精度、50時間以上のパワーリザーブを備えています。表示機能は時分秒に加え、オリエントスターの特徴であるパワーリザーブインジケーターを12時位置に配置。ケースサイズは49.6×41.0×厚さ14.3mm。ブレスレットは幅20mmで、プッシュダブルロック三つ折り式(中留)。ダイバーズエクステンション構造を有しています。

チタン製ならではの軽い快適な装着感とグレートーンのカラーリング、ダイバーズらしいシンプルなデザインとシルエットは、オンオフ問わず装着できそう。機械式腕時計のエントリーモデルとしてもちょうどいいエプソンの新作ダイバーズで、腕元をスマートに飾ってみてはいかがでしょうか。

>> オリエントスター

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆精緻さを身にまとう。オリエントスター「アバンギャルドスケルトン」新型は眺める楽しさも併せ持つ
◆宇宙のロマンを腕元に。星団“すばる”を表現するオリエントスター「メカニカルムーンフェイズ M45」
◆1964年発売のシルバー文字板モデルをアップデート!オリエントスターの限定本格ダイバーズ

ジャンルで探す