グランドセイコーの次世代を牽引する白樺林ダイヤルのレギュラーモデル

日本が世界に誇るマニュファクチュール・グランドセイコーのラインナップに、新たに「エボリューション9 コレクション」が仲間入り。先陣を切るモデルとして、最新スプリングドライブムーブメント“キャリバー9RA2”を搭載したレギュラーモデル「Evolution 9 Collection スプリングドライブ 5 Days」(品番:SLGA009、104万5000円)が2月11日に発売されます。

120時間という驚異的なパワーリザーブ、静寂に包まれた白樺の林をモチーフにした華麗なダイアルデザインなど、魅力溢れる最新モデルをコンセプトとともに紹介していきましょう。

アンテナの高い時計ファンの中には、「グランドセイコーの白樺デザインって、確か以前にも…」と感じた人がいるかもしれません。実はグランドセイコーでは2021年にも、この「スプリングドライブ 5 Days」と似たダイアルを備えた「メカニカルハイビート 80 Hours」を発表しています。80時間のパワーリザーブを備えた革新的なメカニカルハイビートムーブメント“キャリバー9SA5”を心臓部に抱いた初のレギュラーモデルとして注目を集めた「メカニカルハイビート 80 Hours」ですが、さらに世界の時計愛好家の心をつかんだのは、荘厳な白樺の林を思わせる荒々しくも美しいダイアルデザインでした。

そして今回発表された「スプリングドライブ 5 Days」。ザラツ研磨でていねいに仕上げた鏡面のケース、サイズも同じ40mm。確かに意匠としてはよく似通っていますが、「メカニカルハイビート 80 Hours」が「グランドセイコースタジオ 雫石」にほど近い岩手県平庭高原にある白樺群生地からインスピレーションを得ていたのに対して、「スプリングドライブ 5 Days」でイメージしているのは「信州 時の匠工房」に近い八千穂高原にある広大な白樺林。深い凹凸が野性味を感じさせる前モデルに対し、彫りが浅く繊細な型打模様を施した新モデルは、雪深い信州に舞う粉雪と、そこに流れる静謐な時間を思わせます。

ムーブメントには、次世代を担う最新スプリングドライブムーブメント“キャリバー9RA2”をレギュラーモデルとして初めて採用。大小2つの香箱(デュアルサイズバレル)の採用により、最大巻上時には約120時間=5日間という驚異的なパワーリザーブと、平均月差±10秒という高精度を実現。さらに“マジックレバー”とよばれる自動巻き上げ機構を中心から外してレイアウトすることで薄型化にも成功。繊細な質感をまとったムーブメントの営みはシースルーバックから眺められます。

なおグランドセイコーでは2020年より、伝説的な名品“44GS”以来のデザイン文法をさらに進化・発展させたシリーズを「シリーズ9」として打ち出してきましたが、今回の新モデルの登場を機に、この新デザイン文法に則ったモデルを「エボリューション9 コレクション」としてコレクション化。

「スプリングドライブ 5 Days」は「メカニカルハイビート 80 Hours」とともにこのコレクションにしてラインナップされ、次の時代を牽引します。ブランドの美学と品格が結晶した新たな正統派コレクションからは、今後も目が離せません。

>> グランドセイコー「Evolution 9 Collection SLGA009」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆“グランドセイコーらしさ”を確立した「44GS」の55周年記念モデルが登場!
◆グリーンとブルー、腕元に大自然を感じるグランドセイコーの機械式GMT
◆140本限定のグランドセイコーが放つ圧倒的な"本物”感

ジャンルで探す