インデックスの下を針が通り抜ける!? 斬新デザインのスピニカー新作ダイバーズ

遊び心とハイコストパフォーマンスが魅力のスピニカーより、ちょっとユニークなダイバーズウォッチが登場。一見何の変哲もないダイバーズに見えますが、その動きをしばらく眺めてみると、長い針がアワーマーカーの下を潜るようにしてすり抜けていくのに気づくはず!

その名も“フローティングインデックス”なる斬新な機構を採用した最新モデル「BOETTGER(ベットガー)」(8万3600円)、世界各色500本の数量限定で1月15日より発売です。

日常の装いに合わせて気負わず身につけられる軽快なデザインと抜群のコスパの良さが魅力のスピニカー。

この冬公式オンラインストア限定で登場の新作「BOETTGER」も、軽やかでスポーティなデザインに本格仕様を備えたもので、いうなればカジュアルダイバーズとでも呼ぶべきタイムピース。


なんといっても注目したいのは、まるで宙に浮いたように見えるユニークなドット型インデックス。一般的な時計ではダイアル表面に張り付いているはずのインデックスが、この「BOETTGER」では風防の内側にセットされているため、時を刻む分針や秒針はその下をなめらかにすり抜けていくという仕組みです。特に斜めから見ると、インデックスの下を潜るようにして針がすり抜けていく様子が見てとれるはず。

もちろんその魅力はデザインの楽しさのみならず、ダイバーズウォッチとしての性能や機能も本格的。サイズ42mmのケースに搭載するのは、日本生まれの自動巻きムーブメント・MIYOTA 9015。ケースとの一体感を配慮してデザインされたストラップは素材から吟味してつくられた“ニトリルラバーベルト”で、手元にしっくりとなじむだけでなく、タフでアクティブなアウトドアシーンにも負けない耐油性と耐摩耗性を備えています。

さらにりゅうずの仕様は水中での使用を前提とするねじ込み式で、風防には強度と透明性に優れた無反射コーティングのサファイアガラスを採用。

暗所での視認性を確保するべく三本の針とインデックスには品質に優れた蓄光塗料スーパールミノバが塗布され、水辺での実用に十分な300mの防水仕様を備えるなど、ダイバーズウォッチを名乗るに足る十二分なスペックにも注目したいところ。

カラーはブラック、ネイビー、オレンジの3つのバリエーションをラインナップ。なお、日本国内では公式オンラインストアのみでの取り扱いとなっています。

>> SPINNAKER「BOETTGER」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆小さめのケース径40mmでフルスケルトン!しかも約5万円って高コスパ!
◆スピニカーの40mm径機械式は3~4万円台と超高コスパ!
◆1000m防水にスイス製機械式ムーブメント!ガチスペックのダイバーズ

ジャンルで探す