分針が404エラー!デジタル全盛の時代に機械式時計の在り方を考える

2019年からさまざまなクリエーターとのコラボレーションを発表してきた、スイスの腕時計ブランドLouis Erard(ルイ・エラール)。今回新たにコラボレーションしたのは、ヴィンテージ時計の針のカスタムメイドブランドSECONDE/SECONDE/です。

今回のコラボモデル「Excellence Regulator Limited edition」(39万6000円)の特徴は、ブランドのアイコンでもあるレギュレーターの重要なファクターである針がカスタマイズされていること。真っ青な分針に描かれた“404”の文字が目を引きます。

50年代、60年代のヴィンテージウォッチの針を、独自の視点からカスタマイズしてきたSECONDE/SECONDE/。今回Louis Erardのレギュレーターに着目し、表現したのは、探したいものを見つけることができなかったときに表示される“404エラー”です。

分針が45分の位置にあるとき、文字盤に描かれた“Louis Error”の文字と重なって、“404エラー”が完成します。

これは、インターネットが必需品となった現代社会において、「インターネットアドレスが見つからなくても、Louis Erardの時計は時間を見失わない」というメッセージが込められているそう。Louis Erardの“Erard”の発音が、ヨーロッパ人の発音だと“error”に聞こえることを皮肉ったデザインとなっています。

レギュレーターの特徴ともいえる分離された時・分・秒針のカラーには、LANケーブルでよく使われる鮮やかなブルーを採用。アナログな時計と、デジタルなインターネット環境をまとめたカラーデザインです。

「Excellence Regulator Limited edition」は、11月下旬に販売開始予定。人目を引くシニカルなデザインの腕時計を、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

>> Louis Erard

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆計算された文字盤デザインが時計としての役目を果たす新作ルイ・エラール
◆文字盤に砂金石と孔雀石を使ったルイ・エラールの2本の限定ウォッチ
◆ポップで独創的な存在感を放つルイ・エラールのコラボモデル

ジャンルで探す