うひょー!こりゃ軽い!重さ9.3gって掛けてるのを忘れるレベルだわ

メガネにしてもサングラスにしても、デザインとともに重要視したいのが“軽さ”。軽ければ軽くなるほど直接触れる耳や鼻への負担は小さくなり、装着していることをより意識しなくなるというのは十分に魅力的な要素です。

アイウェアブランド・SWANS(スワンズ)の最新モデル「Deneb(デネブ)」は、何とその重さが9.3gという超が付く軽量仕様! かけていることを忘れてしまう“空気のような軽い掛け心地”を実現した、ストレスフリーのアイウェアです。

最薄部1.25mmとなる極薄フレームには、最新プラスチック素材“PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)”を採用し、直径0.3mm、重量0.03gのノーズパッドは3Dプリンタにより実現したワイヤーメッシュ構造。優れた弾性としなり感を備えつつ、耳部と鼻部に対する抜群のフィット感です。

そして何より驚くべきは「総重量9.3g」というその“軽さ”。従来のSWANSアイウェア最軽量モデル(15g)をさらに下回り、長時間の着用でもストレスを感じさせない至高の装着感をもたらします。

レンズはアウトドアアクティビティでの使用を想定し、同ブランドを展開している山本光学独自開発の“ペトロイドレンズ”を採用。耐衝撃性に優れているばかりでなく、UVカット率は99.9%以上。さらに雨や汗の水滴を弾いてクリアな視界を維持する撥水・防汚コート“CLARITEX COAT(クラリテックス・コート)”を施すなど、眼を守ることに主眼を置いたSWANSのテクノロジーが各所に取り入れられています。カラーはスモークレンズモデル(2万3800円)とシルバーミラー×ULTRAアイスブルーレンズモデル(2万4500円)の2色です。

なお、今回の販売は11月24日よりスタートする、クラウドファンディングサイト・Makuakeでの応援購入(予約販売)のみ。各カラー20本の限定数販売のみとのことです。

>> SWANS「Deneb」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆鼻パッドなし!新構造のブルーライトカットメガネでPC作業をストレスフリーに!
◆軽く強くカッコいい!スポーツ用アイウエアは機能性&質感にこだわるべし
◆モンベルの“レンズ交換式”サングラスがあれば釣りもランもドライブも超快適!

ジャンルで探す