メイドインジャパンの品質を感じる伝統工芸×腕時計の美しさ

シチズンが技術の粋を集めた最高級ブランド・The CITIZEN(ザ・シチズン)に、限定モデル「真砂(まなご)」(44万円)が新発売します。年差±5秒の高精度光発電エコ・ドライブを搭載し、文字盤には日本の伝統工芸である土佐和紙と白蝶貝を採用。250本の数量限定です!

「真砂」は、歌人・林古渓(はやしこけい)作の詩歌『はまべ』に着想を得たもので、モデル名も『はまべ』第三節に登場する「真砂」から名付けられています。

最大の特徴とも言える高級感ある文字盤のデザインは、日本三大和紙のひとつである「土佐和紙」と、白蝶真珠の母貝となる「白蝶貝」という、それぞれに独特の風合いを持つ、ふたつの素材を組み合わせたもの。その透過性と薄さは、光発電エコ・ドライブに大変適しています。

白蝶貝は、9時から10時位置にかけて配置した充電量表示部分にのみ使用されており、白い砂浜に忘れ貝がひとつ、優しく輝く風景が文字盤に表現されています。また鏡面仕上げの多面カットを施した時分針やインデックスは、上品なゴールドカラーを採用し、視認性も確保しています。

ケースとバンドは、明るく美しい色調のデュラテクトプラチナを施したシチズン独自のスーパーチタニウム製。美しいだけでなく、ステンレスより約40%も軽く、肌に優しくキズがつきにくい特徴を持っています。

なおバンドには、クラシカルな雰囲気を楽しめるダークブラウンのワニ革製替えバンドが付属しています。発売は6月10日を予定。250本の数量限定モデル、気になる人はお早めにチェックを!

 

>> The CITIZEN「真砂」

文/&GP

ジャンルで探す