ゲノム編集した受精卵、半数で染色体異常…米研究チーム

(写真:読売新聞)

 狙った遺伝子を改変する「ゲノム編集技術」を、人の受精卵に対して試みたところ、約半数で遺伝子を含む染色体に大きな異常が生じたと、米コロンビア大などの研究チームが発表した。受精卵のゲノム編集は、重い遺伝病の根本治療につながる可能性があるが、安全性への懸念を改めて突きつけた結果といえる。成果は米科学誌セルに掲載された。

 チームは、失明を起こす遺伝子変異を持つ精子と、変異を修復するために必要な酵素などを、正常な卵子約70個に注入し、受精させた。受精卵の約半数は狙った通りに変異が修復されたが、残りは精子由来の染色体が消失したり、一部が欠けたりしたという。受精卵は子宮には移植していない。

 実験で利用したゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」は、遺伝子改変が効率的に行えるとして、今年のノーベル化学賞の授賞テーマとなった。農水産物の改良などに広く使われている。

 一方、中国の研究者が2018年、人の受精卵にゲノム編集を施し、双子の赤ちゃんを誕生させたと発表し、生命倫理や安全面から世界中の非難を集めた。日本では、人の受精卵を使った基礎研究は容認されているが、改変した受精卵を子宮に移植する研究は指針で禁止されている。

 真下(ましも)知士(ともじ)・東京大教授(動物遺伝学)の話「ゲノム編集を人の受精卵に応用するには、まだまだ技術的な課題があることが示された。精度や安全性をより高める工夫が必要になる」

ジャンルで探す