吉野さん妻「学者の妻になるなんて…もっとサポートすればよかった」

ノーベル化学賞の受賞決定から一夜明け、会見で喜びを語る吉野彰さん(左)と妻の久美子さん(10日午後、東京都千代田区で)=小林武仁撮影

 ノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成の吉野彰・名誉フェロー(71)は10日午後、東京都千代田区の帝国ホテルで、妻の久美子さん(71)とともに記者会見に臨んだ。吉野さんは「明確なゴールを確信できれば、苦しい時があっても乗り越えられる」と研究に向き合う姿勢を話した。

 受賞決定の反響について、吉野さんは「昨日の夕方から大変な騒ぎになり、いろいろな方からお祝いの言葉をいただいた。反響のすごさに驚いている」と改めて喜びをかみしめた。

 久美子さんは、「サラリーマンと結婚したつもりで、学者の妻になるなんてつゆほども思っていなかった。こんなことならもっとサポートすればよかった」とおどけつつ、「とてつもなくうれしい。おめでとう」とねぎらった。これに対し、吉野さんは「やるべきことをちゃんとやりました」と笑顔で応じた。

ジャンルで探す