新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

天皇陛下、61歳 コロナ禍「忍耐強く乗り越え、明るい将来」願われ

 天皇陛下は23日、61歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、お住まいの赤坂御所で記者会見し、新型コロナウイルス感染症の影響が続いていることについて、「国民の皆さんが痛みを分かち合い、協力し合いながら、コロナ禍(か)を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」との願いを示された。
 陛下は会見で「この1年は、コロナ禍(か)に翻弄されてきました」とご回想。感染症で亡くなった人を悼み、医療従事者や保健所職員、社会的弱者を支える関係者らに対し、「国民の間で感謝の念を広く共有することができた」と述べられた。
 直接国民と交流することができない中で活用したオンラインについては、「臨場感があり、人と人とのつながりを肌で感じることができました」との感想を明かし、「引き続き、状況に応じた形で活用していきたい」と意欲を示された。
 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまの、延期されているご結婚をめぐる質問には、「秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と述べるにとどめられた。

ジャンルで探す