【書評】『古代ローマ帝国軍 非公式マニュアル』

 時は西暦100年、古代ローマ帝国の最大版図を築いたトラヤヌス帝の治世。古代世界で最強を誇ったローマ軍への入隊志願者向けガイドブックの体裁を取った本書は、新兵徴募の流れや軍の構成から始まり、装備の選び方や手入れ法、さらに陣営生活や広大な帝国領の各境界で遭遇する敵民族の攻略法まで、具体的に指南する。
 ローマ軍の強さの源は組織力にあった。職業軍人として約25年の軍務を終えた後には年金も支給されるなど、システムの先進性には驚かされる。著者は英国の古代ローマ史研究者。巧みな叙述で当時の世界を生き生きと再現する。(フィリップ・マティザック著、安原和見訳/ちくま学芸文庫・1350円+税)

ジャンルで探す