【気になる!】新書『“隠れ酸欠”から体を守る横隔膜ほぐし』

 コロナ禍のストレスや長時間のマスク着用で呼吸が浅くなり、気づかないうちに体の中で酸素不足が進む「隠れ酸欠」になる人が増えているという。隠れ酸欠は心身の不調に加え、免疫力低下にもつながるとか。
 そんな酸素不足を解消するため、本書では、治療家の著者が呼吸を助ける筋肉「横隔膜」を柔らかくして肺の動きを滑らかにし、深い呼吸を可能にするエクササイズ「横隔膜ほぐし」をわかりやすく紹介する。
 座っても、寝た状態でもできて気軽に取り組めるセルフケア。マスク生活が続くなか、覚えておきたい。(京谷達矢著、青春新書プレイブックス・1070円+税)

ジャンルで探す