福岡・佐賀・長崎 大雨特別警報は警報に切り替え

「第2日程」選択は校長判断 共通テスト実施要項発表

 大学入試センターは30日、来年1月に実施する大学入学共通テストの実施要項を発表した。新型コロナウイルスによる休校で、学習に遅れが生じた高校3年生のために設けられた「第2日程」を選択できる具体的な条件について、校長が認めたケースに限ることなどが盛り込まれた。
 共通テストは当初予定の来年1月16、17日を「第1日程」、同30、31日を「第2日程」とし、第2日程を選択しながら病気などで受験できなかった生徒のためには2月13、14日に「特例追試験」が実施される。
 要項によると、出願期間は今年9月28日~10月8日。学習の遅れが認められた生徒は、出願時に第1、第2日程を選択する。両日程の間で得点調整は行わない。
 第2日程の選択は、生徒の事情に応じて校長が認めるかどうかを個別に判断でき、同じ学校の生徒でも判断が分かれる状況もあり得る。浪人生は対象外。第2日程を希望する生徒について、それぞれが選択する授業の進み具合などを見て総合的に検討する。
 初実施となる共通テストでは、第1日程の試験問題を参考にしてから臨める第2日程を選択した方が有利との見方もある。ただ、文部科学省の担当者は「(難易度などは)同等で変わらない」と公平性に問題はないとの見解だ。
 本来の追試分が第2日程用に充てられたため、追加で行われる特例追試験には、センターが用意していた緊急時用の試験問題を使用するという。この試験問題は前身となるセンター試験の実施当時に作成されたもので、出題方針や試験時間、配点などが共通テストとは異なる。
 同担当者は「高校の学習程度を測る意味では同じ。各大学は個別試験との組み合わせで合否判定をしてほしい」と配慮を要請した。

ジャンルで探す