神奈川県葉山町が独自「クリーン計画」 プラごみ削減へ 世界のモデルに

ペットボトル飲料の販売がない自販機=葉山町

 神奈川県が掲げる「かながわプラごみゼロ宣言」を具体的に実践する取り組みが同県葉山町で行われている。9月に町は独自の行動項目「はやまクリーンプログラム」を宣言し、町が設置管理する自動販売機からペットボトル飲料を撤去したり、民間企業と協定を結んで町にウオーターサーバーを設置したりするなど、プラごみの削減を目指したさまざまな施策に取り組み始めている。山梨崇仁町長は「葉山町が世界のモデルになれば」と意気込んでいる。
 町役場近くの「福祉文化会館」に設置された3台の自販機は、よく見るとペットボトル飲料が一切、販売されていない。以前は取り扱いがあったが、全て缶飲料に切り替えられた。
 ■マイボトル普及
 そうした自販機が町内に全16台。10月から町が設置管理する公共施設の売店・自販機の約8割で、ペットボトル飲料の販売を取りやめたという。そのうちの1台の、同会館に設置された自販機を利用した団体職員の山下淳さん(55)=鎌倉市=は「町が先陣を切って取り組んでいるのはいいことだ」と語った。
 ペットボトルを自販機からなくす代わりに、町が用意したのがウオーターサーバーだ。町役場庁舎や保健センター、葉山しおさい公園など、町内の公共施設7カ所に設置。マイボトルを持参すれば、だれでも無料で水を入れることができる。出先でのペットボトルの購入を減らし、マイボトルの普及を促すのが狙いだ。
 設置したウオーターサーバーは、さいたま市の企業「ウォータースタンド」が提供している。町が協定を締結し、10月から一定期間の無償の貸し出しを受けている。
 ■さらなる展開も
 サーバーの最大の特徴は、水のタンクを交換せずに利用できる点だ。内部で水道水を濾過(ろか)するため、多くのウオーターサーバーで見られるように、タンクを交換する必要がない。タンク自体のプラごみも出ないという利点もある。
 同社が自治体と協定を結ぶのは、さいたま市に続いて2件目で、「かながわプラごみゼロ宣言」に関する協定としては県内初だという。
 町では自販機のほかにも、プラごみ削減を狙った別の施策も展開する方針だ。その一つが、紙やプラスチックの代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」の活用だ。LIMEXは石灰石から作られた新素材で、環境破壊を引き起こす紙やプラスチック製品に代わって、地球に優しい素材として注目されている。
 町はLIMEXを開発した新素材メーカー「TBM」(東京)と提携し、今後、町内で使われるさまざまな製品を「LIMEX」に切り替えていくという。例えば、野菜を包むポリ袋や、漁業で使われる漁業器具を代替することを想定している。
 ■実践的な策を
 すでに「はやまクリーンプログラム」を宣伝するのぼり旗を同素材で製作。祭りやイベントなど、町民の集まる場で旗を掲げ、同プログラムのアピールを図っている。
 LIMEXは他県で導入例がある。福井県鯖江(さばえ)市では、回覧板の印刷物などをLIMEXに代替。回覧後は市が回収し、越前塗りの食器に加工するなど、使用済みの製品を付加価値の高い製品に循環させる仕組みが行われている。
 神奈川県が掲げる国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の施策には、県民らから「具体策が見えない」といった声も上がるなか、葉山町では実践的な策を展開。山梨町長は「環境を守るためにライフスタイルを変えていくことが、未来にとって必要となる。葉山町が先進的な事例になれば」と語った。

ジャンルで探す