「身体に苦痛」は体罰 厚労省指針案を大筋了承

厚生労働省=東京都千代田区(納冨康撮影)

 親による子供への体罰を禁じる改正児童虐待防止法などが来年4月に施行されるのを前に、厚生労働省は3日、体罰を「身体に苦痛を与える罰」などと定義し、「長時間の正座」などの具体例を挙げた指針案を有識者検討会に示し、大筋で了承された。パブリックコメントを経て、年度内に指針としてまとめる。
 指針案では「親がしつけのためだと思っても、子供の身体に何らかの苦痛または不快感を引き起こす行為(罰)は、どんなに軽いものでも体罰」と規定。「言うことを聞かないので頬を叩いた」「宿題をしなかったので、夕ご飯を与えなかった」などを例示した。
 体罰に含まれないが、暴言についても「子供の心を傷つける行為」として記載。子供の存在を否定する言動などが「子供の成長・発達に悪影響を与える可能性がある」と強調した。
 一方、しつけについては「子供の人格や才能などを伸ばし、自律した生活を送れるようにするため、社会性を育む行為」などと説明。「道に飛び出しそうな子供の手をつかむ」「他の子供に暴力を振るうのを制止する」などの罰を目的としない行為は、体罰に当たらないとして区別した。

ジャンルで探す