江刺りんごの「サンふじ」の特選28玉に過去最高の140万円

過去最高の140万円で競り落とされた「サンふじ」の特選28玉。3年連続で競り落とした中野健一さん(右)と出荷元のJA江刺の小川節男組合長(左)=9日、盛岡市中央卸売市場

 盛岡市中央卸売市場で9日、江刺りんご(岩手県奥州市産)の主力品種「サンふじ」の初競りが行われ、最高級の特選28玉が過去最高額の140万円で競り落とされた。1玉が5万円というご祝儀相場に市場は活気に包まれた。
 「江刺りんご」はブランドが確立されて今年が40年目。現在、旧江刺市の農家115戸が栽培を手がけ、主力品種の「サンふじ」は出荷量の約6割を占める。今年は台風19号で3000万円の落果被害を受け、出荷量は10万8000ケース(1ケース10キロ)の見込み。
 初競りは午前6時半すぎから始まった。最後に登場した特選28玉は100万円からスタート、落札額は前年までの最高額130万円を10万円上回った。お得意先の依頼を受け3年連続で特選を競り落としたベジフル姫神蔬(そ)菜(さい)課の中野健一係長(36)は「手が震えました」と苦笑い。
 出荷元のJA江刺の小川節男組合長は「40年の節目の年に140万円の過去最高額をつけていただき、台風被害を受けながらも頑張っている生産者の大きな励みになります」と笑顔で話していた。 

ジャンルで探す