『ジャガイモを食べる人々』『疲れ果てて』ゴッホ展を彩る作品たち

『ジャガイモを食べる人々』ゴッホが手がけた油彩画《ジャガイモを食べる人々》は初めて売り物になると自負した大作だった。本作は、油彩画の出来に満足したゴッホが家族や知人に作品の詳細を伝えるために制作したリトグラフ。本作に描かれた家の内装は、ハーグ派の巨匠・イスラエルスが好んで描いたものとよく似ており、ゴッホがその影響を色濃く受けていたことを示す。 フィンセント・ファン・ゴッホ 《ジャガイモを食べる人々》 1885年4-5月 ハーグ美術館(c) Kunstmuseum Den Haag

 ゴッホ展には『ジャガイモを食べる人々』『疲れ果てて』といった作品も並ぶ。一部を紹介する。

ジャンルで探す