【歴史の転換点から】江戸無血開城の「点と線」(4)西郷と勝 慶喜助命は暗黙の了解 

勝海舟と西郷隆盛が会談したと伝えられる池上本門寺・松涛園=東京都大田区(関厚夫撮影)

 700年以上の由緒がある日蓮宗大本山・池上本門寺(東京都大田区)。慶応4(後の明治元=1868)年3月13・14(旧暦)の両日に行われた新政府軍参謀、西郷隆盛と旧幕府軍事取扱、勝海舟との会談が「江戸城攻撃の延期(結果的に中止)」という画期を生み、西郷が新政府首脳との協議のためいったん西に向かった後、この名刹(めいさつ)が、西郷の留守を預かる新政府軍幹部と勝との間で「無血開城」の実務を協議する舞台となった。
 その本門寺では9月初旬の数日間、名園として知られる松涛(しょうとう)園が一般公開されている。江戸開城の直前のことだろうか、慶応4年4月、勝は西郷ともこの松涛園の一角で会談した-と本門寺には伝えられている。
始まりは鳥羽伏見
 これまで、勝・西郷会談という「点」を中心に話を進めてきた。だが江戸無血開城は少なくとも、会談から実際の開城にいたるまでの約1カ月間、あるいは旧幕府軍が一敗地にまみれた年初の鳥羽伏見の戦いから上野戦争(彰義隊鎮圧)に至るまでの5カ月間におよぶ歴史プロセス-「線」で考える必要がある。
 「軍艦・開陽丸が品川に投錨した。払暁に海軍所に行くと、(前将軍の徳川慶喜が)江戸ご帰還とのこと。初めて鳥羽伏見の戦いの始末を聞く。会津藩主の松平容保侯や桑名藩主の松平定敬侯もお供の中にいた。詳しい話を問おうにもみなただ青い顔で互いに目配せするばかり。決して口を開こうとしない。板倉勝静(かつきよ)閣老(老中)からそのあらましを聞くことができた。これより日々空議と激論でただ時間を空しくするのみ。意見まとまることなし」
 1月3日に始まった鳥羽伏見の戦いは6日、総崩れとなった旧幕府軍が大坂に退却し、終結した。この日夜、慶喜は松平容保らを引き連れて大坂城をひそかに脱出していた。前述の引用は「戦勝」の知らせを待っていたところ、「上様、海路江戸到着」という意外な報を受けた勝の「慶応四戊辰(ぼしん)日記」に描かれた「1月11日の記」である。
 これまでもっぱら京都や大坂で活動していた慶喜が江戸に到着して以降、まず「開戦」か「恭順」か-について議論が沸騰した。当初、ゆれを見せていた慶喜が1月中旬、「恭順」を決めた後は朝敵として追討令が出されている彼が助命されるか否かが最大の焦点となった。主戦派はいまだ勢力を保持している。助命が拒否されたさいには、旧幕臣は武士の面目をかけて主君を守るために「開戦」で一致することは火を見るより明らかだった。
西郷、虚々実々
 「退隠するから追討を中止するようにとの慶喜の嘆願は不届き千万。是非切腹までもってゆかなければ物事が落ち着きませぬ」
 2月2日、西郷は盟友の大久保利通にそう書き送っている。また同じ月の下旬だろう。大村藩士の渡辺清によると、駿府(静岡市)に兵を進めてきた彼をはじめとする新政府軍幹部の前で西郷は、勝からの書簡を手に「顔面火のように」にして大声を上げた。
 「勝は言うまでもなく、慶喜の首を引き抜かずにはおられぬ!」
 これは前回も引用した『史談会速記録 第68集「江城攻撃中止始末」』にある話である。「大要は覚えております」という渡辺によると、勝は、その気になれば海上封鎖や艦砲射撃によって新政府や軍の機能をマヒさせることができるほど圧倒的な戦力をもつ旧幕府海軍をあえて自重させ、恭順を示しているにもかかわらず、新政府軍が江戸へ進撃しようとしていることを批判。また、人々が極度に興奮し、何が起きるかわからない江戸に進駐することなく、箱根で兵をとどめるよう要請していた。
 実はそのような挑戦的な書簡は勝の日記には記録されておらず、建言類をまとめた全集にも収載されていない。だが、勝の日記には不審な点がある。研究の第一人者、松浦玲氏が指摘しているように、勝日記には2月中旬に「西郷に送った」とする書簡と3月、西郷にあてて山岡鉄舟に託した書簡の全文が記載されているのだが、この2通の内容がほぼ同じなのだ。
 もちろん、同様の内容の書簡を送った可能性は捨てきれない。が、渡辺証言の信頼性は高い(次回に詳述する)。二重の記載が勝による過誤か故意かは判然としないが、渡辺証言の方が2月の勝書簡の内容に近いと思われてならない。
 さて一連の西郷の強硬姿勢にもかかわらず、2月中旬に西郷が新政府軍の参謀トップとして京都を発した前後には、「慶喜助命」は西郷もひそかに了解した新政府首脳内々の方針だった-といえば、信じていただけるだろうか。
なぞの安堵
 「恭順のかどをもち、慶喜処分の儀は、寛大仁恕のおぼしめしによって死一等を減ぜられるべし」
 この年2月に大久保が作成した意見書である。ほかに慶喜の備前(岡山)藩預かりや江戸城明け渡し、全兵器・軍艦の引き渡しなどが個条書きされている。これらの内容は西郷が最初に山岡に提示した内容と同一である。この意見書は新政府の公家方トップである岩倉具視にあてられている。大久保が事前に西郷と協議し、その同意をえていたことはまちがいないだろう。
 慶喜に対する最強硬姿勢は味方をも欺く西郷の大芝居だったわけだが、こんな証言もある。
 勝・西郷会談の直前、前述の渡辺は西郷に命じられ、長州藩代表の木梨精一郎(維新後は長野県知事、男爵)と横浜に向かった。江戸城攻撃のさい、優秀な英国人医師に新政府軍の負傷者を治療してもらえるよう駐日英国公使のパークスに依頼するためだった。
 ところがパークスは血相を変え、「罪を悔い、恭順している前将軍に戦争を仕掛けるとはいったいどういう了簡か。そもそも開戦のさいには政府が外国人居留地に警衛兵を派遣し、安全を保障すべきなのにそんな通知も気配もない。この国は無政府状態である」。暗に「万国公法違反」という新政府にとって最も痛いところを突きながら非難をはじめたのだ。
 あわてた渡辺が西郷のもとに駆けつけ、事情を説明したところ、西郷はがくぜんとした様子を見せた。が、しばらくして「それはかえって幸いだ。このことは自分で言うことにしよう。なるほどよかった」と話し、何の憂いもないような表情になったという。
 従来この言葉は、渡辺が「『(江戸城攻撃回避を要請している)勝がこのことを知ったら、われらの不利となる』と西郷が話した」と語ったことから、勝との会談をにらんだものと解釈されてきた。筆者はむしろ「友軍」に向けたものとみているのだが、詳細は次回に譲りたい。
 一方、先に勝がパークスに手を回して「戦争回避」を働きかけた-という説もあるが、無理筋だろう。なぜなら、勝とパークスの初対面は西郷との会談の2週間後、懇意の英外交官、サトウとの“密談”は1週間後だからだ。
 ただここで一つ言えることがある。新政府トップの間で「慶喜助命」が暗黙の了解事項であっても、勝・西郷会談の価値を損ずるものではないことだ。2人は14日という「点」で戦争回避に合意しただけでなく、そこから補助「線」を引き、口約束ではなく、1カ月後の実際の無血開城という「点」にまで結びつけたのだ。「史上の離れ業」としか形容のしようがない、と思う。(編集委員 関厚夫)

ジャンルで探す