囲碁名人戦、芝野八段が初勝利

第44期名人戦七番勝負第1局の前夜祭で花束を受け取る張栩名人(右)と挑戦者の芝野虎丸八段(左)

 囲碁の第44期名人戦七番勝負の第2局が10、11日の両日、台湾・台北市で行われ、挑戦者の芝野虎丸八段(19)が195手までで張栩(ちょう・う)名人(39)に黒番中押し勝ちし、対戦成績を1勝1敗とした。第3局は17、18日に岐阜市で打たれる。

ジャンルで探す