札幌市がヒグマ1頭を駆除 ハンターが猟銃で 8月上旬から出没

 札幌市は14日、同市南区の住宅地などに出没していたヒグマ1頭を駆除したと発表した。同区では今月上旬から目撃証言が相次ぎ、クマが家庭菜園を荒らすなどの被害が出ていた。
 地元のハンターが猟銃で駆除した。
 ヒグマはメスとみられ、体長は約1・5メートル。市は住民への危険性があるとして、駆除を決断したという。

ジャンルで探す