【暮らし替えの道しるべ】(37)パワーブルーで夏を演出

ハワイの不動産売却で効果的に使われる「パワーブルー」(杉之原冨士子さん提供)

 蒸し暑い日が続いています。そんなときは、夏らしい部屋の印象に変えてみるのはいかがでしょうか? 家具を替えるのは大変な労力がかかりますが、視覚や触覚、嗅覚など五感を使って手軽に涼しさを演出しましょう。
 まずはアクセントカラーを変えることで、いつもの部屋がハワイのホテルのようにな気分になれる簡単な方法をご紹介します。
 ハワイの不動産物件では、「パワーブルー」と呼ばれる濃いブルーを効果的に使うことが売却に有効な手段です。クッションカバーをブルーに変えたり、ランチョンマットやテーブルクロスをブルーのストライプ柄にしたりすると、手軽に夏模様の部屋が演出できます。
 もし、ベランダがあれば、写真のようにリクライニングチェアと小さいテーブルを出し、ブルーのクッションを置くだけで、日本にいながらハワイの青い空と海が広がってみえるイメージになるでしょう。
 視覚だけでなく、触覚でも涼しさを演出することができます。クッションの生地は通気性のよいコットンや麻などの天然素材を使うと、肌触りもさっぱりと涼しく感じられます。
 嗅覚を刺激するアロマで爽やかさを演出することもできます。ミントの香りは体感温度を下げるといわれています。シトラスやレモンなどの香りもすっきりとした爽快感を得ることができます。
 手軽に爽やかな夏の部屋を演出してはいかがでしょうか。(日本ホームステージング協会 代表理事 杉之原冨士子)

ジャンルで探す