長野・松代の象山神社に維新7傑の銅像

 松代藩出身の幕末の思想家、佐久間象山を祭った長野市の象山(ぞうざん)神社に、創建80年を記念した奉納として、象山をはじめ、坂本龍馬や勝海舟ら計7人の銅像が建立された。 
 銅像は、象山と松代藩8代藩主、真田幸貫の立像が中央に配され、龍馬や海舟は胸像で、このほかに吉田松陰、橋本左内、小林虎三郎が建てられた。幸貫は、象山の才能を見いだし、遊学などを支援したことで知られている。
 象山は西洋の学問に精通し、開国を説いた「幕末の先覚者」。神社は「先人の威徳を発信したい」としている。

ジャンルで探す