中国の宇宙基地、主要モジュール公開 2022年完成予定

 中国の国有宇宙開発会社「中国航天科工集団」は、2022年に完成する予定の宇宙ステーション「天宮」の主要モジュールとなる「天和」号を11日まで珠海市で開かれている宇宙航空ショーで公開した。技術検証用のモデルで、新華社の日本語ネットニュースによると、一般公開するのは初めて。
 同ニュースによると、22年の完成を予定している天宮は従来の試験機ではなく正式の宇宙ステーションに当たるもので、約20トンあるモジュール3つで構成し、天和はそのコアとなる。天和は定員3人で、3対の連結部と2つのドッキングポートがあり、他の宇宙実験用モジュールや宇宙船などと結合できるようになっている。また、宇宙飛行士が宇宙空間に出るためのハッチも備えられているという。

ジャンルで探す