【将棋】藤井六段、最年少七段懸けて対局

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)と船江恒平六段(31)が対戦する竜王戦5組ランキング戦準決勝が18日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われ、熱戦が続いている。勝てば15歳9カ月で七段に昇段し、61年ぶりに史上最年少記録を塗り替える藤井六段は対局中、紺のスーツの上着を脱ぎ、身を乗り出すようにして盤面を見詰め、考えを巡らせていた。同会館ではファンらがモニター画面を通じて対局を見守った。
 日本将棋連盟によると、中学生でデビューした棋士の七段昇段時の年齢は、加藤一二三・九段(78)が17歳3カ月▽谷川浩司九段(56)が18歳11カ月▽羽生善治棋聖(47)=竜王=が20歳0カ月▽渡辺明棋王(34)が21歳5カ月。規定では竜王戦の予選に当たるランキング戦で2期連続で昇級すれば昇段する。藤井六段は前期、6組で優勝して5組へ昇級した。
 対戦相手の船江六段は井上慶太九段(54)門下で、藤井六段にとって“鬼門”の一門。井上一門のプロ棋士4人のうち、初対戦の船江六段を除く全員に敗れている。

産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。
ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。⇒アンケートはから

ジャンルで探す