『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』鑑賞前に知っておきたい…隠された謎を読み解く“5つのポイント”

 6月3日から劇場公開される映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、1979(昭和54)年から放映されたTVシリーズ『機動戦士ガンダム』(いわゆるファーストガンダム)の第15話「ククルス・ドアンの島」をリブートした劇場作品だ。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

 TVシリーズを下敷きとしつつも、この作品のために物語や設定が再構成されているので、オリジナルを知らなくても楽しめるリビルド作品となっている。令和のスクリーンで躍動するガンダムを、そして主人公・アムロの物語を楽しむうえで、ぜひともチェックしておきたい5つのポイントを解説する。

「ククルス・ドアンの島」とは?

 TVシリーズ『機動戦士ガンダム』は、全43話で構成される長編物語。このうち第15話「ククルス・ドアンの島」を含む、第13~15話はそれぞれ1話完結型の短編になっており、全体構成のなかでは“番外編”的な位置づけにある。

 このため1981年に公開された劇場版『機動戦士ガンダム』には収録されていないものの、第15話「ククルス・ドアンの島」は長年にわたってカルト的な人気を誇ってきた。そしてついに、このたび単体の映画作品として製作されるにいたったわけである。

(C)創通・サンライズ

 劇場版『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、ジオン公国軍に本拠である地球に侵攻されていた地球連邦軍が大規模な反攻作戦に打って出る直前の状況からはじまる。主人公アムロ・レイが乗艦するホワイトベースは、作戦前の最後の補給を受けるためにベルファストに向けて航行中、無人島「帰らずの島」の残敵掃討任務を命じられる。ガンダムに搭乗して島を訪れたアムロは、そこにいるはずのない子どもたちと1機のザクに遭遇。そして、孤島で多くの子どもたちと暮らす元ジオン兵ククルス・ドアンと出会うのであった——。

ポイント1:主人公アムロの境遇

 主人公アムロ・レイは、もともとはスペースコロニー・サイド7に暮らすメカ好きの内向的な少年だったが、地球連邦軍とジオン公国軍の交戦に巻き込まれ、ホワイトベースの仲間たちと協力して南米ジャブローの連邦軍本部まで到達。もとは民間人が大半だったホワイトベースのクルーたちは、そこで正規の軍人として任官されることになった。

 正式に軍人になったばかりのアムロは、脱走兵(ドアン)や戦災孤児たちと接することで何を思うのか。彼の内面的な変化に注目したい。

ポイント2:ククルス・ドアンとは何者か?

 ククルス・ドアンは、かつては「赤い彗星(シャア・アズナブル)」と並び称されるほどの、ジオン公国軍の歴戦のMS(モビルスーツ)パイロットであった。しかし、搭乗していたザクを持ち出して脱走兵となる。ドアンはカナリア諸島の北端にあるアレグランサ島に潜み、戦災孤児たちと生活をともにし、孤島に近づくものは連邦軍・ジオン公国軍を問わずに迎撃して戦闘不能や武装解除に追い込んできた。ドアンはなぜこの島にこだわるのか。この島にはどのような秘密が隠されているのかも注目のポイントである。

 できれば、TVシリーズ『機動戦士ガンダム』第25話「オデッサの激戦」などを見ておくことをお勧めする。

ポイント3:みんな大好きドアン・ザク

 TVシリーズ第15話「ククルス・ドアンの島」は、タイトなスケジュールで製作された影響から作画クオリティにブレ幅がある。とりわけドアンの搭乗するザクは妙にほっそりとしたプロポーションをしており、その独特なデザインから、ファンのあいだでは「ドアン・ザク」の愛称で親しまれてきた。

 劇場版『ククルス・ドアンの島』でドアンが乗る「MS-06F ドアン専用ザク」は、倒した相手の機体から回収したパーツを流用して補修しているため、通常のザクとはフォルムが異なっており、ファンから愛された「ドアン・ザク」の姿を彷彿とさせる。令和時代にリ・イメージされた最新の「ドアン・ザク」の勇姿から目が離せない!

ポイント4:ガンダムとザクのド迫力の戦闘シーン!

 TVシリーズ第15話「ククルス・ドアンの島」は、アムロがガンダムを奪われる話なので、主役機であるガンダムの見せ場はほとんどなかった。しかし、劇場版『ククルス・ドアンの島』ではガンダムにも活躍の場がちゃんと用意されているので、「ガンダム」シリーズ特有のMS同士の戦闘シーンもおおいに期待できる。

 また、今作ではTVシリーズには出てこなかった「MS-06GD 高機動型ザク(地上用)」が登場し、ホバー移動を駆使したハイスピード・バトルを展開。スペック的には劣るはずの「ドアン・ザク」との比較も、楽しみなところだ。

ポイント5:大反攻作戦を前にしたタイムサスペンス要素

「帰らずの島」を舞台にアムロとドアンのドラマが進行する背景で、地球連邦軍による大反攻作戦が展開している点にも目を向けておきたい。ホワイトベースはこの作戦に間に合わなければならず、それまでにアムロは帰艦しなければならない。

 また、ジオン公国軍の側も、この大反攻作戦への対抗手段を講じており、それに関わる密命が進行している。はたしてアムロは限られた時間内に、ホワイトベースに帰艦できるのか。ある種のタイムサスペンス的な要素が作品に緊張感をもたらす。

◆ ◆ ◆

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』
企画・制作:サンライズ 
原作:矢立 肇 富野 由悠季 
監督:安彦 良和 
副監督:イム ガヒ
脚本 : 根元 歳三 
キャラクターデザイン:安彦 良和 田村 篤 ことぶきつかさ
メカニカルデザイン:大河原 邦男 カトキハジメ 山根 公利 
総作画監督 : 田村 篤
美術監督:金子 雄司
色彩設計:安部 なぎさ
撮影監督:葛山 剛士 飯島 亮
3D演出:森田 修平
3Dディレクター:安部 保仁
編集:新居 和弘 
音響監督:藤野 貞義
音楽:服部 隆之
製作:バンダイナムコフィルムワークス
主題歌:森口博子「Ubugoe」(キングレコード)
映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』公式サイト
https://g-doan.net/
絶賛公開中

INFORMATION

公開期間中 上映劇場にてBlu-ray劇場限定版を数量限定で発売中!

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 Blu-ray劇場限定版
【価 格】13,000円(税込)
【発売日】2022年6月3日(金)
【劇場限定版特典】
■ことぶきつかさ&YAMATOWORKS描き下ろし収納BOX
■『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』絵コンテ集(642P)
■特製原画集(48P)※16Pに及ぶ安彦良和WORKSに加え、32Pの原画集を掲載。

【封入特典】
■オリジナルサウンドトラックCD(音楽:服部隆之)
■特典ディスク
・『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ザクの日スペシャル会見(2022年3月9日開催)
※2022年3月9日に開催されたスペシャル会見。アムロ・レイ役:古谷徹、ククルス・ドアン役:武内駿輔、安彦良和監督が登壇し、『ククルス・ドアンの島』の魅力に迫る特別映像を収録!
・シナリオ デジタルアーカイブ第6稿[決定稿](※静止画)
※『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』本編シナリオをデジタルアーカイブで収録!
■特製ブックレット(16P)

Blu-ray劇場先行通常版
価格:5,000円(税込)
【映像特典】
■超特報/特報30秒2種/特報60秒2種
【音声特典】
■オーディオコメンタリー
出演:古谷 徹(アムロ・レイ役)/武内駿輔(ククルス・ドアン役)/イム ガヒ(副監督)/石井 誠(司会進行)
【仕様】
■安彦良和描き下ろしスリーブケース

※劇場にて販売されるBlu-ray2種の購入には、劇場にて発券する座席指定券、もしくは入場後の半券が必要となります。
※座席指定券1枚の提示につき、Blu-ray2種を「1会計各2枚まで」の購入制限を設けさせて頂きます。なお座席指定券の提示は1会計につき1枚までとなります。
※劇場にて販売されるBlu-ray2種の在庫状況については、各劇場まで直接お問い合わせください。
※本商品は、公開劇場のみでの販売となります。
※本作品を公開劇場にてご鑑賞される方が販売対象となります。
※数量に限りがございますので、上映期間中に品切れとなる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

公式サイト:https://g-doan.net/
公式Twitter:@g_cucuruzdoan
©創通・サンライズ

(加山 竜司/週刊文春出版部)

ジャンルで探す