急性膵炎……知られざる「膵臓」に起こりうる命に関わる一大事

 胃や大腸、あるいは心臓や肺など、形や場所をすぐに思い浮かべられる臓器は、そこに起き得る病気の予防にも意識が向きやすい。

【写真】膵臓の位置は、みぞおちの奥にある

 しかし、名前や存在は知っていても、ふだんあまり意識することのない臓器に対しては、付き合い方というか距離の取り方が難しい。

「膵臓(すいぞう)」という臓器のことを、どれだけ知っているだろう。場所や形はもちろんだが、いきなり「漢字で書け」といわれて、正しく書ける人も意外に少ないのではないだろうか。

まずは、膵臓という臓器についてのおさらいから

 今回はそんな膵臓に起きる代表的な病気「急性膵炎」について考える。

 食の欧米化を背景に、患者数が10年で1.8倍も増えたという報告もあるこの病気。重症化すると命を奪われることもある。

 お酒や脂っこいものが好きな人、そしてストレスを抱えている人は、ぜひ最後までお読みください。

©iStock.com

 まずは、膵臓という臓器についてのおさらいから。

 場所はみぞおちのあたりの奥のほう(背中側)で、胃に接し、十二指腸のヘアピンカーブに挟まれるような形で横たわっているのが膵臓だ。

 左右の長さは10~15cm、厚さはおよそ2cm、重さはおよそ100gといったところ。向かって左側(当人から見て右側)を「膵頭部」といって実際にここが大きく、真ん中あたりの「膵体部」を経て、反対側の「膵尾部」は細くなる。オタマジャクシにも似ているし、カズノコのようにも見える。

食べたものを消化する酵素を含む「膵液」を作る

 膵臓の役割は、大きく二つある。

 一つは内分泌機能とよばれるもので、インスリンやグルカゴンなどのホルモンを出して血糖値を安定させる働きだ。したがって、糖尿病の人はそうでない人よりも膵臓についてよく知っていることが多い。

 もう一つの働きは外分泌機能。食べたものを消化する酵素を含む「膵液」を作って、十二指腸に流し込むのも膵臓の役割だ。急性膵炎が起きるのは、この外分泌機能でのトラブルだ。

「膵臓で作られた膵液は、主膵管という管を流れ、肝臓と胆のうから来る総胆管に合流して十二指腸に出て、ここで食べ物を消化します。この時、十二指腸乳頭部(十二指腸にある総胆管の開口部)が詰まって膵液が滞留すると、膵液が膵臓自身を溶かし始めて炎症を起こす、これが急性膵炎です。これだけでも激痛をともないますが、膵液が総胆管の外に漏れると、臓器の周囲の粘膜を溶かすので被害は甚大です。“おなかのやけど”と呼ばれる一大事で、腹膜炎や多臓器不全を起こして命を落とす危険性もある」

 と語るのは、東京医科大学病院消化器内科主任教授の糸井隆夫医師。

アルコールと脂っこい食べ物で十二指腸乳頭部が詰まる

 十二指腸乳頭部が詰まる原因は大きく二つある。一つは冒頭で挙げた「アルコールと脂っこい食べ物」だ。

「アルコールと脂っぽい食べ物を消化するためには、より多くの膵液が必要なので、膵臓では大量の膵液を分泌します。しかし、出口(十二指腸乳頭部)には限界があるので、容量を超える膵液が一気に流れ出そうとすると詰まって滞留することがある。比較的男性に多いタイプの急性膵炎です」

 もう一つの原因は「胆石」だ。胆のうや総胆管などにできた結石が総胆管の中で詰まるなどして膵液の流れを塞ぐことで起きる膵炎。こちらは女性に多いという特徴がある。

「面白いことに、豚などは膵臓から膵液が十二指腸に流れ込む場所と総胆管の出口が10cm以上離れているので胆石性の膵炎は起こらない。ところが人間は十二指腸に出る前に主膵管と総胆管が合流するので、リスクが一つ多いのです」

治療には、絶飲絶食で膵臓の働きを止める

 急性膵炎は強い痛みを発する。特徴は心窩部(みぞおち)や左側の背中に突然起きる激痛。普通の姿勢を保つことができなくなり、膝を抱えてうずくまるような姿勢を取ることが多い。大半が救急搬送となる。

 病院に運ばれると採血をして、膵炎のマーカーとなるアミラーゼ(消化酵素)や、白血球の値を調べ、あわせてCT(設備がない場合はエコー)の結果を照合して確定診断となる。

「急性膵炎の治療は、絶飲絶食で膵臓の働きを止めることが大前提。その上でタンパク分解阻害剤などを投与して膵液の分泌を抑え、あわせて抗菌剤で感染症を予防する。ただ、その間も痛みは持続するので、痛み止めも使います。かなり強い痛みなので、必要に応じてモルヒネなどの医療用麻薬を使うこともある。軽症なら1週間、中等度になると2~3週間の入院が必要になります」

 しかし、急性膵炎の治療は退院しても終わらない。後期合併症が出る危険性が残るのだ。

「治療が終わって1カ月ほどすると、膵臓の炎症を起こしていた場所に“嚢胞”というカプセル状の空間ができることがあります。中には膵液や膿が溜まっていて、人によってはこれが肥大化して、隣接する胃などを圧迫することがある。そうなると食べたものの通りが悪くなるし、嚢胞が大腸菌などに感染すると、また面倒なことになる」

「慢性化すれば膵がんのリスクが飛躍的に高まります」

 感染症がなければ経過観察の場合もあるが、感染が認められる場合は緊急性の高い治療が必要になる。嚢胞に溜った液体を排出する治療だ。

「口から内視鏡(胃カメラ)を胃まで挿入し、そこから胃壁に穴をあけて、隣接する膵臓までトンネルを作って嚢胞の中の液体を排出します。従来は細い管を使っていたので、粘性の高い液体を出すのが難しかったのですが、近年は口径の大きなステント(金網)を使って排出口を作る技術が確立され、ドロドロの膿でも出しやすくなりました」

 少し前までお腹を切開して直接膵臓にメスを入れて嚢胞内の液体を排出していた治療が、おなかにキズを付けることなく、胃カメラで、安全にできるようになったわけだから、医学の進歩には感謝するばかりだ。

 しかし、糸井医師は言う。

「どんなに医学が進歩しても、100%治せるというわけではない。急性膵炎も慢性化すれば膵がんのリスクが飛躍的に高まります。ご存知の通り膵がんは、あらゆるがんの中で最も予後の悪いがんです。積極的に予防に取り組むべきです」

 見つかった時には手の施しようがないことが多い膵がん。アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏や、プロ野球楽天イーグルスなどの監督を務めた星野仙一氏などを鬼籍に送った恐ろしい病気だ。

「もう一つ原因がストレスです」

 糸井医師によると、慢性膵炎の人が膵がんになる確率は、そうでない人と比べて4~10倍という高率だという。

「アルコールや脂肪分の高い食事に加えて、もう一つ急性膵炎の原因として挙げられるのがストレスです。急性膵炎とストレスの因果関係ははっきり解明できていないものの、膵臓を専門に診る臨床医なら、経験的にこの関係は知っているはず。その意味でも、膵臓の病気は、膵臓の専門医に診てもらうべき。単に“消化器科”というくくりで考えるのは現実的ではない」

 実は日本では、膵臓疾患に特化した医師は決して多くない。しかし、日本膵臓学会のホームページを見れば、認定指導医の一覧を見ることができる。自分や家族に膵炎が疑われるとき、あるいは膵炎と診断された時、まずはそのことを思い出してほしい。そして、指導医への紹介を医師に依頼してほしい。

 2011年の調査では、年間約63,000人が急性膵炎になっており、現在はその数がさらに増加しているとみられる。急性膵炎は決して他人事ではなく、意外に身近な重大疾患だということを、ぜひ覚えておいてください。

(長田 昭二)

ジャンルで探す