各地で感染拡大 新型コロナウイルス最新情報

フィンランド人が初対面で「裸の付き合い」をするワケ

フィンランドはサウナ大国だ。フィンランド大使館で広報を務める堀内都喜子氏は、「サウナはおもてなしにもよく使われる。服と一緒に地位や肩書を脱ぎ捨て、一体感を持って楽しむことができる」という——。

※本稿は、堀内都喜子『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(ポプラ新書)の一部を再編集したものです。

サウナの機器

写真=iStock.com/SimeonDonov
※写真はイメージです

土曜日はサウナの日

フィンランド人の家には一軒家や広いマンションであれば、大概サウナがある。友人宅は、よくアウトドアやスポーツを楽しむので、いつでもすぐサウナに入れるよう、24時間サウナが設置されている。通常、サウナはスイッチを入れてから温まるのに30分から1時間かかるが、それを待つのが嫌な人向けの、常に温められていていつでも入れるサウナが友人の家にはあった。そこに入ってスッキリしてくつろぐ度、私も「あー週末!」と実感していたのだった。

フィンランドでは、土曜は伝統的にサウナの日だ。夕方に家のサウナを温め、家族で入って、その後にリラックスしてのんびりテレビや映画を見て過ごす。だからその時間になると古い家やサマーコテージから煙が上がりサウナを温めている様子がうかがえる。

「サウナ」は海外で最も普及しているフィンランド語だろう。フィンランド人のライフスタイルや文化を語るうえで決して忘れてはならない要素で、550万人の人口に対してサウナの数は200万とも300万とも言われている。

刑務所や無人島にもサウナがある

お風呂の感覚でどこの家にもあり、その代わりお風呂のバスタブはあまりない。アパートの各部屋の浴室に小さなサウナがついていることもあるし、それがない場合はたいてい共用サウナが地下や屋上についている。

私が留学していた時は、学生アパートに共用サウナがあり、さらに研究棟や学部にもサウナがあった。また、職場にもサウナがあることは珍しくない。従業員が仕事帰りに楽しめるようになっていたり、お客様の接待用もある。高齢者施設や刑務所にもサウナはあるし、無人島にも船やボートで来た人が使えるサウナが存在している。

アイスホッケー場に行けば、試合を見ながら入れるVIP観客用のサウナ、観覧車やリフトのワゴンがサウナになっているものもあるし、氷でできたサウナ、持ち運びが容易なテントサウナ、サウナがついているバスや船まである。逆に、サウナのないところを探すのが大変なぐらいだ。

サウナには一人で入ってもいいし、誰かと一緒に入ってもいい。一人の時は静かに楽しめるし、誰かと一緒の時は、語り合って交流することもできる。普段シャイであまり社交的ではないフィンランド人だが、あるフィンランド人は「サウナは唯一、素面でも知らない人と気軽に話ができるところ」と語る通り、サウナの中では自然に会話が生まれる。

石に水をかける時、「かけてもいいですか」や「熱くないですか」と話しかけたり、外気浴をしながら「天気がいいね」なんて話ができる。友人たちと入っている場合も、サウナの中にいられるのはたかが5分だったとしても、外気浴とサウナを何度か繰り返すうちに、1~2時間はあっという間に過ぎていく。

サウナは人が生まれ、死ぬところ

では、フィンランド人にとってサウナとはどんな場所なのだろうか。ここ最近、日本で公開されるフィンランド映画を見ていると、必ずと言っていいほどさりげなくサウナの場面がでてくる。戦場から帰ってきて家族とくつろぐシーンでサウナに入っていたり、戦争中であっても皆でサウナに入って湖で泳いだり、日常の描写にサウナは欠かせない。たとえ非日常な場所やストーリーであっても、サウナや外気浴のシーンが観客に安心感を与えているように感じる。

家のサウナはリラックスの場であり、家族との会話の場である。家族は男女関係なく裸で一緒に入っても不思議ではない。つい60年ほど前、まだ出産が自宅で行われていたころは、サウナが出産の場所であった。もちろん80度に部屋を温めていたわけではない。サウナは清潔で、水もお湯も手に入り温かい場だったため、都合が良かった。同じ理由で、サウナでマッサージをしたり、人が亡くなった時はサウナで遺体を清めたりしていた。つまり、生の旅路の始まりと終わりにサウナがあったのだ。

また麦芽を製造したり、穀物を乾燥させたりといったことでも使われていた。今でも、蒸気がひいた後に洋服を干したりしてサウナの利用範囲は広い。

サウナは接待やおもてなしの場にもなる

では、なぜ職場や学校にもサウナがあるのだろうか。まず一つは、仕事終わりにさっぱりしたり、リラックスできるようにということ。

堀内都喜子『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(ポプラ新書)

堀内都喜子『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(ポプラ新書)

私の職場にもサウナがあるが、希望する職員が何人かいれば、サウナを温めて仕事終わりに入る。だが、もう一つ仲間との交流やおもてなしの場としての役割もある。

例えば大使館の場合、大使専用の広いサウナがあり、接待やおもてなしの場として使われている。定期的にインフルエンサーやお世話になった方たち10人ほどを招いてサウナの夕べを開催するのだ。サウナに入り、外気浴を楽しみ、食事をしたり、お酒を飲んだりして数時間を共に過ごすことで、お互いの距離がグッと縮まり、仲良くもなれるし、フィンランドファンにもなってもらえる。まさに裸のつきあいだ。

このサウナ外交は、日本だけでなく、アメリカのワシントンをはじめ各国の大使館で行われているし、本国でも政治や外交の場面でフィンランドと海外のリーダーが共にサウナに入って、交流することは有名な話である。

私が以前勤めていたフィンランドの企業でも、サウナは常に接待の重要なツールとして使われていた。会社の屋上には立派なサウナがあり、日本をはじめ海外からお客様が来ると会議の後に共に入り、裸のつきあいと食事やお酒を楽しんだ。

大事なお客様を迎えて時間がある時は、会社が持つ豪華なコテージのサウナに連れて行くこともあった。このコテージへは船で30分ほどかかる。バスでも行けるのだが、船の上でも軽く飲みながら音楽と景色を楽しみ、コテージに着いたら、サウナに入る。そのサウナは20名近くが入れるようなかなり巨大なもので、あつくなって外にでれば目の前は広いテラスと湖。とにかく気持ちがいいのだ。

洋服だけでなく、地位も肩書も脱ぎ捨てられるのがサウナ

最近でも、フィンランドでの研修時、ゲットトゥギャザーと呼ぶ初日の懇親会は、今ヘルシンキで人気の公衆サウナ「ロウリュ」で行われた。そこは水着を着て男女共に入るものだが、一緒にサウナで語らい冷水の中に入るアヴァントを楽しむことで、変な緊張や距離もなくなっていった。

考えてみればあまりよく知らない人と裸のつきあいをすることは、少し不思議な感覚ではあるが、そんなのも最初だけのことだ。サウナの中は暗く、蒸気もあるため、それほど相手の裸が見える訳ではない。基本は裸で入るフィンランドでも異性がいたり、自分の裸をさらすのが嫌な場合は、水着をつけてもタオルを巻いてもいい。

サウナには不思議なマジックがある。そこでは誰もが洋服だけでなく、地位も肩書も全てを脱ぎ去り、大統領だろうが一般人だろうが高齢でも子どもでも、皆が一個人として存在する。つまりとても平等な場所で、その空間を一緒に楽しめるのだ。

堀内 都喜子(ほりうち・ときこ)
ライター
長野県生まれ。フィンランド・ユヴァスキュラ大学大学院で修士号を取得。フィンランド系企業を経て、現在はフィンランド大使館で広報の仕事に携わる。著書に『フィンランド 豊かさのメソッド』(集英社新書)など。

ジャンルで探す