男性育休取得率、7.48%=厚労省

 厚生労働省が31日発表した2019年度の雇用均等基本調査によると、男性の育児休業取得率は、前年度比1.32ポイント上昇の7.48%だった。政府は20年に13%とすることを目標に掲げており、達成は難しい情勢だ。 

ジャンルで探す