東京都、5G基地局設置で施設開放=五輪会場など1万2000件超

写真撮影に応じる東京都の小池百合子知事(中央)と携帯4社の社長ら=8日午後、東京都新宿区

 東京都は8日、次世代通信規格「5G」通信網の早期構築に向け、携帯電話4社の社長らと意見交換する会議を都庁で開いた。小池百合子知事は、都が保有する施設や土地計1万2799件を基地局設置のために開放すると表明。「スピーディーに設置していただきたい。世界最先端のインターネットを備えた都市として東京を持続的に成長させていきたい」と述べた。
 都が開放するのは、2020年東京五輪・パラリンピックの競技場となる辰巳国際水泳場(江東区)や学校など建物8297件と土地4502件。今後、道路や信号機も追加する。事業者からの問い合わせや現地調査の調整といった手続きを効率化するワンストップ窓口も同日、都庁に開設した。 

ジャンルで探す